英語Fの発音方法【動画付】

前記事で英語のRとLの発音を正しくするときは舌と唇を使うのがコツ、と書きました。今回はさらに英語のFとの発音について書いていきます。

突然ですがWiFiと皆さん口にしてみてください、わいはい、ワイファイ、とさらりと発音できているかと思います。しかしこの発音、実は英語圏ではこう発音されません。うぅわいふぁい、なのです。Fのところでがっつり唇を噛むのです。私がアイルランド留学時代、学校でレセプショニストにWiFiを探している、と訪ねたところパードゥン?と何度も聞き返されました。自分の英語力がここまで低いのかと愕然としながらやりとりして数分後。前述した唇がっつりであーうぅわいふぁいね!と返されました。英語力ではなく、噛むというルールを知らなかったのです。そのあとそのやりとりを見ていたブラジリアンちゃんが不憫?に思ったのかFの発音矯正レッスンが突如始まりました※初対面です。

とにかく唇を噛んでその歯と歯の間から息をスッと短く吐く!そう!フッうぅわいふッッッぁい!と熱い発音指導を受けて※初対面です。Fは唇を噛む、と学びました。

と、唇を強く噛むと大げさに書いてありますが、実際には軽く唇を噛んでその隙間から息を吐き出すだけで大丈夫です。

ちなみにそのブラジリアンちゃんとはその出来事をきっかけに仲良くなり、今でも連絡取り合っています。英語をきっかけで仲良くなれるのは素敵ですね。