発音の基礎を徹底解説 3

  • by

今回も様々な音の発音方法、メソッドについて詳しく書いていきたいと思います!

 

gの発音方法

 

前回の記事では英語の発音方法、そもそも子音とは?というものを書かせて頂きました。
今回はgとc2通りの発音の仕方があります。
詳しく紹介して行きますね。

gとcの次に”e、i、y”が来るときは、やわらかいgおよびcになります。
例をあげていきますね。

gem、gin、gym、cent、cityになります。

その他の場合はかたいgおよびcになります。
こちらの例としては

gun、gum、god、bag、leg、dog、cup、cat、cap

になります。

やわらかい・かたいという表現は日本語にはない英語ならではの表現方法で面白いですね。
みなさん、しっかりインプットして子音を発音するときに意識してみましょう。

それでは次は子音編その3になります。お楽しみに!

 

Aの発音方法

 

今回紹介する英語の発音はAです。皆さんご存知This is a pen  ディス イズ ア ペンの ”a”の部分ですね。
すでに答えは出てしまっているのですが、Aの発音はアと発音します。
しかし日本語の発音と同じ音でしょ簡単イェーイとは行かないのが英語の発音です。

Aの発音方法は口を少しだけ開けて軽く笑顔を作ります。
音はアとエの中間、ややア寄りでしっかり声を出して発音します。

そしてこのAさん実は曲者でして、他にも”エイ”と読みます。そもそも英語には”エー”という音はないのです。
皆さんが”エー”だと思っているものはだいたい”エイ”です。
APRILはエープリルではなく、エイプリルと発音するのです。ANAもエイ・エヌ・エイと発音するわけなのです。

そして、他にも”ア”と読むところを”エイ”と発音してその単語を強調させたり、
単にその国のひとのなまりだったりするのです。Aの発音方法はバラエティに富んでおります。
しかしこういったパターンがあると一度インプット、あとはアウトプットをどんどんして発音をマスターしていきましょう。

 

Qの発音

皆さん、今回はトリッキーな英語のQの発音方法について書かせていただきます、ますタイトルからQ以外にQUとあるのに気がつかれたかと思います。あえてそこには触れず…まずQの発音方法とコツを書きたいと思います。
Qの発音は前回の記事であったKの発音とWの発音を合体させて発音します。アヒルの鳴き声でクワックワックワッとありますね、唇をすこし尖らせて息を強めに履いてクゥと発音します。このクゥが英語のQの発音というわけですね。
なんとなくイメージしやすい発音かと思われます。ではあえて触れていなかったQUの発音に戻りますね。実は基本的に英語のQのあとには必ずUがやってきてQUのスペルになります。なぜでしょうか?それはですね…
英語の発音のルールです!以上!
えーーーーと思われた方申し訳ありません、英語の発音記号にはqはないのです。QUとしてクゥワと発音します。口の動きなどはQの発音のときと一緒ですね。アヒルの鳴き声でクワックワックワッとありますがあれと似た音になります。
Qの単語も必ず”QUEEN”、”QUESTION”など必ずUが隣にくっついてきます。Qとは運命共同体なのです。
英語の発音にはいくつものルールがありますが習うより慣れろ、が発音矯正として重要になってきます。ぜひ皆さんアヒルが目の前に通ったら、一緒にQUの発音をしてみましょう。

 

Sight words

次はSight Wordsについて書いていきたいと思います。
前回フォニックスでの英語の発音方法の記事を書かせていただきました。
フォニックスのルールでは読めない場合もあります。しかし、英語を使用する時に頻繁に出てくる単語です。
英語圏の子ども達は、これらは、Sound outしいくフォニックスとしては別に、見て発音と見識ができるようSight Wordsとして学習します。
例をあげてみましょう。

a、the、in、to、she、into、blue、and、up、two
you、he、go、yellow、we、for などですね。
目で見て覚えやすい単語ばかりで、とても頭に入ってきませんか?
英語圏の子どもたちは非常に効率よく英語を学んでいますね。

私たちも童心に帰った気持ちで、楽しく英語を効率的に学んでいきましょう。

 

フォニックスとは

 

フォニックスとはもともと英語圏で開発された指導法で、読み書きを出来るようにするためのものでした。

ただ、それは大人の私たちへも応用できる学習法であり、とくに文法から学習してきた私たちは、英語の発声がとても苦手ですね。それを克服するためにも、とても効果的な学習法です。

日本語の音は、1つ1つの音がほぼ独立していますね。Appleの場合、カタカナ読みだと、’アップル’と発音しますが、英語になると’アポウ’と全く違いますね。日本人はどうしてもローマ字読みの癖がついてしまっています。
基本アルファベットはABC・・・(エービーシー)と発音してきましたが、単語や文ではまずその音はつかいませんね。

例えば、Cはどうでしょうか?シーと発音しますが、Catはどうですか?

キャッという音に変わりますね。単語や文で音が変わるという事、その音の出し方を実践する、これがフォニックスになります❁

 

フォニックス2

今回はフォニックスによる発音方法を書いていきたいと思います。
フォニックスとは、A〜Zまでの英語の音と綴りの関係を合理的に整理して、読み・書きのつなげる為の指導方です。
英語圏では、フォニックスを、おおよそ小学校1年生で学びます。
子どもたちがアルファベットに馴染み、文字にも親しんだ次の段階です。一つの文字が作り出す音、組み合わせの文字が作り出す音を丁寧に学び、規則も学んでいくことで読む力をつけいていきます。また、綴る力もつけていきます。
フォニックス指導法は、現在日本の子どもへの英語教育の中でも注目されています。

フォニックスには音(sound)、抑揚(syllable/accent/rhythm)、規則(rules)の3つのポイントがあります。
ルールを学ぶことにより、初めて見る単語を70〜80%の確率で正しく読むことができちゃいます。が、例外もあります。
この例外については、SIGHT WORDSとしても学びます。このSIGHT WORDSについては次回の記事に詳しく書いていきます。
言語の音は母音と子音によって成り立っています。この2種の音が組み合わされると語にとなり、発音されることとなります。

アルファベット読みではない本当の音のフォニックスを学ぶと、読みの力もグングンと伸ばすことができます。
読みの力がついてくると、今度は書ける楽しさも生まれます。SOUND OUTしていくことによって、書く力もついていきます。
英語の発音は毎日毎回の積み重ねによって力がついていきますので、継続することが大切です。

 

母音〜マジックe〜

今回はEで終わる単語の母音”Magic E,Silent E”についてです。
マジックeてなんぞ?!魔法?!と思われた方、だいたい合ってますが詳しく説明していきますね。
子音・母音・子音・で成り立つ単語があります。マジックeが初めの母音の短母音の音を、アルファベット読みに変身させるのです。テッテレー!最後のeは読みません。例をいくつか挙げていきましょう。

a_e → cake
e_e →Pate
i_e → five
o_e → rope
u_e → cute, pine, note, wine, ate, cape

になります。最後のeが母音を変身させて疲れて台無しになった?!とも言われています。
英語の母音は面白いですね。ぜひ発音するときにはこれらの母音も意識してみてくださいね。

次回は母音編その3です!お楽しみに〜。

 

母音〜Polite Vowel〜

今回は礼儀正しい母音”Polite Vowel”についてです。
母音が2つ並んだ場合、1番目の母音をアルファベット読みして、次の母音は読みません。
例を挙げていきましょう。

ai →rain
ay →May
ea →tea
ee →week
ie →pie
oa →boat
ow →soap
oe →toe
ue →blue
ui →fruit
ey →key

などですね。
2番目の母音が礼儀正しく1番目の母音に譲って自分は、音なしになったという説もあります。
礼儀正しい母音だなんて、なんだかおくゆかしい表現でステキですね。

それでは母音編4をお楽しみに!!

 

母音〜Vowel Diagraphs〜

 

今回は2文字母音”Vowel Diagraphs”についてです。
2つの並んだ母音が1つの音を表す母音になります。
といわれてもイマイチぴんとこないですよね、例を挙げていきましょう。

oo → room book
ow → house
au → town
aw → sauce saw
oi → coin
oy → boy
ew → jewel

と、なります。※例外としてsteak、you、tooもあります

どれも一度は見たことある単語たちですね。しっかり覚えて英語を話すときに意識して使っていきましょう。

★母音

ラストはRのついた母音”Murmuring Vowel”についてです。
母音とrが混合された音で、うめきの母音ともいわれています。なんだか表現がおどろおどろしいですね。
例をあげてみましょう。

ar → car
or → fork
ore → store
(w)or → word
ir → girl
ire → tire
ear → hear
eer → beer
air → hair
our → sour
_er → flower
ur → church

などですね。a,o などの音がrによってかき消されるのが特徴です。
これで英語の母音は完全マスターですね。おめでとうございます!
次回は子音編がさらっと始まりますので、しっかり今まで書かせていただいた母音を使いこなしてくださいね。

 

2文字子音

 

次は2文字子音(Consonant Digarphs)についてです。
2つの並んだ子音が1つの音を表します。
例をあげていきましょう。

ch chime
sh ship
ph phone
wh white
th think
ck back
ng sing

になります。

見てわかるかと思いますがTH、SHなど日本人が発音しにくい単語シリースです。
これらの単語をぱっとみて子音だな、と発音できるようにしましょう!

黙字

皆さん、英語の発音にはたくさんのルールがあります。
今回はそのルールの一つである黙字(Silent letters)について書いて行きたいと思います。
黙字とは、単語の中で発音されない文字のことになります。
例をあげていきましょう。

kn_ で始まる語の”k”  (knee, knife, know)
_gh(t) で終わる語の”g” (briht, eight, fight, high)
_gn で終わる語の”g” (sign)
_mb で終わる語の”b” (climb, comb, lamb, thumb)
wr_ で始まる語の”w” (wrist, write)
tch はch と同じ読み方になる(catch, match, watch)

となります。
また母音がアルファベット読みとなるものがあります。

_ost _old  で終わる語の”o” (ghost, post, old, hold)
_lid で終わる語の ”i” (child, mild, wild)

などですね。その他には
a の前に w がつくと音が ”オ” に変化するもの(want, watch, water)

などがあります。
つまり、ネイティブの方々はこのルールに則って単語を発音しないことがほとんどです。
このルールを知ってれば英語のリスニング力が上がりますのでぜひしっかり覚えてみてくださいね。

 

連続子音

 

ラストは連続子音(Consonant Blend)についてです。

”Consonant Blend”とは…
2つまたは、3つに並んだ子音をつなぎ目がわからないくらいに1つにつなげて発音する子音になります。
例をあげてみましょう。ちょっと多めとなっております…。

bl black
cl clock
fl flag
gl glass
pl plate
sl slide
br brush
cr crow
dr drum
gr green
pr prize
tr tree
sc scale
sk skate
sm smile

折り返し地点です!

sn snow
sp spoon
st star
spr spring
str street
sw swan
tw twig
scr screen
-st vest
-nk ink
-nd sand
-sk desk
-mp lamp
-ft gift
-lk milk
-nt sand
-lf golf
-dg bridge

の合計35個の子音になります。
いや〜多いですね…!!

しかしこれで英語の子音編完全マスターです!やりましたね、お疲れ様です。
母音編も合わせて読んで頂いてあと、しっかりインプットしましょう。

 

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

フリガナ

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

授業内容

備考