英語Tの発音方法【動画付】

前回の記事で英語のXの発音には有声音と無声音、”エクス”と”グズ”
それぞれ違った2パターンの発音方法があると紹介させていただきした。

今回は英語のTの発音方法です。
tの発音は舌を上の歯の裏に当て、ポンっと弾くように息を出す音です。無声音であり、息だけで”トゥッ”と音を出します。
コツとてしては”トゥッッッッッ”とこれでもか、と勢い付けることです。一方口は少し開け、舌はリラックスして自然にしておきます。イメージとしてすごい走ってきたあと息が荒くなりますね、ハッハッというあの息で日本語のたちつてとをいう感じです。

ちなみにTの音はDと同じ発音方法です。違いは無声音か有声音かどうかになります。
また、アメリカ英語はTの音を曖昧に発音しますが、イギリス英語はより強調して出すという特徴があります。
BUTTERの発音をアメリカ人はバラー、イギリス人はバターと発音するという違いが顕著です。
※アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いはまた今度記事に書かせていただきます。
 
英語のTの発音は日本語になくい音なので、しっかり練習して発音できるようにしましょう。