英語の発音矯正〜イントネーション〜【動画付】

  • by

皆様日本語英語の最大の特徴、なんだと思いますか?
それは 《平坦》 ということです。
日本語自体がそもそもイントネーションがないので、日本人英語も発音する時にどうしても平坦になってしまうわけですね。

筆者がアイルランドへ留学していたときに、学校の先生やクラスメイトに

「Your English is so flat!!lol(あなたの英語超平坦ね!くすくす!)」

と、この日本語英語の特徴にそれはもうつっこまれしたね。
当時は私学校内で唯一の日本人だったので、よりこの平坦な発音が目立ってしまったわけです。
そこから先生や他の国のクラスメイトのイントネーションを傾聴していきましょスタイルに入り、
英語と日本語英語の徹底的な違いに気づきました。
イントネーション強め。超強め。
彼らは英語を話すときにイントネーションを大きくつけており、自分の平坦英語より格段に聞きやすい!と気づきました。
恥を捨て見よう見まねならぬ、聞こう聞きまねでイントネーションを意識して脱・日本人英語にしました。YAY!

イントネーションのコツとしては恥を捨てること、ジャパニーズをジャヤッパニーズ、というイメージですね。
もともとないイントネーションをつけて発音するのはとってもやりづらいし恥ずかしいものです。

口の使い方も、だいぶ変わっていきます。
英語ではしっかり口を開けてほほの筋肉全体を使って話す感じになります。

英語ネイティブのように英語を発音すると最初は違和感を感じるか思います。
しかし英語ネイティブのような発音をするならばここは乗り越えねばりません。

オーバーともとれるくらいのイントネーションをつけてしっかり発音する練習をぜひしてみてくださいね。