TOEIC800点超対策〜800点の英語力とは〜

  • by

TOEIC800点とは

皆様TOEIC800点スコアはどのくらいの英語力がご存知でしょうか?
TOEICテストはリスニングテスト100問、リーディングテスト100問の合計200問で、最高得点は990点、
この満点まであともうちょっと!というのが800点。
このTOEIC800点を取得する人なんて相当英語上級者なんじゃないの〜?と思われる方、まさにその通りです。

目安としては

・英検準1級には合格するが、1級には届かないレベル
・正解の根拠と共に、ある程度自信を持ってTOEICを解ける
・長文リスニング・長文読解の苦手意識もない
・時折出てくる高難易度の単語が気になる

となっており、英語に自信がある方が到達しているスコアなわけですね。

ちなみに東大の文系学部・院生の平均スコアがこのTOEIC800点!
受験英語レベルでみても800点越えというのは超ハードですね…。

しかし!しっかりTOEIC800点をとるぞ!とフォーカスを当てて戦略を立てていけば、
到達することも難しくないです。
700点でも900点でもなく800点。900点に関しては、800点をまず取ってから考えることにしてとにかく800点。
そして自分の英語力がどれくらいなのか、自己分析するのも戦略には欠かせません。
皆様ぜひ自分の英語力を把握してからTOEIC800点スコアに挑みましょう。

直前勉強法

TOEIC800点を目指す為に皆さん800点の対策を取り組んでいますでしょうか?

800点を目指す本番間際の準備について書いていきたいと思います。

・寝る前日にTOEIC問題集のPart7をとにかく音読する
TOEICテストの圧倒的な文章量で受験者を苦しめPart7をしっかり音読し、
そこから出てくる単語や語彙を覚えた方が効率的です。
むしろ夢の中でも音読する勢いですね!!

・TOEICの会場に着く寸前までリスニングを聞いて、耳のフォーミングアップ

TOEIC公式会場へ遠路はるばるやってくる方も多いでしょう。その間の移動時間を
無駄にしてはなりません。
全力でIPODに落とした公式問題集のリスニングセクションや、自分の問題集のCDを
聴きこみましょう。

ただなによりも大切なことは、体調が万全の状態で挑むことですね。
集中力を高められるように、しっかりと準備していきましょう!!

 

TOEIC800 単語

TOEICに向けて800点のスコアを目指す方、沢山いらっしゃいますよね!!

ここでは800点への小さな取り組みをご紹介していきます。

今回は「単語」についてです!

単語帳をやっていくと、殆どの参考書は単語がメインで小さく例文が書かれています。

でも、実際800点を目指していく中でこの例文が重要となってきます!

また、単語と接する機会が多くなるにつれて、意味が頭に入ってくると思います。

そこでのインプットの仕方ですが、単語だけ頭に入れても、実際の問題で活かされない事が

殆どです。

また、ある程度頭に単語が入ってきたら、すぐに実践問題に取り組んでいきましょう!

単語帳をやっている方、「英文」の中で覚えるようにとにかく意識していってくださいね!

 

勉強時間

みなさん、TOEIC800点までのスコアアップに必要な勉強時間は何時間だと思いますか?

ある研究ではTOEIC800点に到達するために「約220時間〜500時間」の時間を必要と

言われています。

中級スコア保有者がが次のステップTOEIC800点を突破するために、

かなりの勉強時間が必要と思いがちですね。

そこでずばり・・・出勤時間はどんな過ごし方をされていますか?

この通勤時間ですが、平日243日として、1日の通勤時間が1時間の場合、なんと・・・

486時間にもなるんですよ!!! すごい時間数じゃないですか?

少しづつの重なりがこんな大きな数字になるんです。(Surprising!!!)

この時間を有効的に使うしかないですよね!

単語帳やリスニングを有効活用して、800点への扉を開いていきましょう!!!!

音読

TOEICに向けて800点のスコアを目指す方、沢山いらっしゃいますよね。

みなさん「リピーティング」という言葉は聞いた事ありますか?

教材の音声を最大限にまず活かしていく練習法ですが、問題文を読んでから頭の中が混乱し て

そのまま英語を忘れてしまうという方が多くいらっしゃいます。

そこで1文を聞き終わってから、すぐ暗唱するというリピーティングトレーニングを行って 行き

ます。

シャドーウィングとは違い、1文ずつなので聞いた英文を頭の中にキープする事ができます。

800点に向けた確実なステップアップを図っていきましょう!

時間配分

リーディングで最も大事なことについての本やブログをよく見ますが、

これは本当にレベルによります。

例えば、中級者にとって800点を目指すのであれば、

意識しなければいけないことは時間配分となるんです

しかしながら、300点台以降の初心者の方に向けては、

解ける問題を確実に落とさないように選択していく判断力の速さと集中が大事になってきま

す。

ここではどのレベルにも応じた、ポイントを書いていきたいと思います。

まず意識していただきたいのは、全て正解する必要はないということですね。

捨てる問題は捨てる。

これ以上時間をかけても分からないという問題に、固執しないという事です。

わからない問題があったとしても混乱せずに、どんどん飛ばして自分の解ける問題だけに時間

をかけて確実に取ることが最も大事になってきます。

難しい問題に時間をかけずに、簡単な文法や単語を、確実に取り組んでいきましょう!!

やっていはいけない勉強方法

私自身、講師として様々な参考書や問題集、TOEIC関連の記事に触れる機会が多いのですが、どれもこれも勉強法やり方に注目されていますね。やり方一つで講師の個性が出るので、学ぶ講師を選択するのにいい基準としてもみれますし、単に解き方知るのにも非常に便利ですね。

しかし、逆にやってはいけないことがどこにも書いてありません。今まで私は、1000人以上の方たちに英語を教えてきましたが、どのような勉強法にも合う合わないがあるし、自分に合わない勉強法などを続けるとそらどれだけたくさん勉強しても結果にコミットしません。

今回は、TOEIC800点や900点を目指すにあたって、逆にやってはいけないことはなんなのかを記事にしていきたいと思います。

いろんなスクールや参考書に手を出しすぎること

多くの受講生を見ていると、頑張っているのに点数が取れない人の共通点が見えてきます。最も多いのが今やっているやり方を信じきれず浮ついてしまい、様々な方法を実験のように試し続けることです。問題集も学校も、それぞれ色があります。しかし、どれか一つを信じて本気でやり続けることがすごく重要です。どのやり方も根底は、点数を取るための工夫です。結局はどれもしっかりと極めれば結果はでます。今から登る山を決めて、どの山も魅力的だなとおもって、登ってはやめて違う山を登っていると、いつまでたっても山の頂上には登れませんし、山を登るまでのつらさ、自分と向き合う瞬間、もちろん山を登りきった達成感など、永遠と手に入れることはできません。

完璧主義になりすぎること

TOEICというのは、英語の細かなニュアンスを答える英文学のようなテストではありません。第二言語学習者が英語力を測るためのテストです。そんなに難しい問題を一問時間かけて解けたからといって、時間が間に合わないのであればTOEIC800点や900点を超えることはできません。英語の単語や文法は、もう本当に例外だらけです。そんな例外まで覚えようとしているのであれば、それはもうTOEICの勉強ではありません。英語の本質的な勉強になってしまいます。期限が決められていないのであれば、そのような勉強のやり方もいいでしょう。しかし、本気で点数を短期間で獲得したいのであれば。完璧主義な自分は捨てましょう。必要なことだけ、最低限のことを本気で取り組みましょう。必ずその最低限のことは今後の英語学習でも生かされます。

ネット情報に左右されすぎないこと

ネットにいろんな記事があります。私もこのようにブログを書いています。上記でも書いたとおり、現在自分のやっているやり方を信じて前に進み続けましょう。浮ついている時間が本当にもったいないです。特に、数ヶ月間であれば悩んでいる暇はありません。インターネットは閉じて、いまのやり方に従って、それを本気で最後までやりきりましょう。

我流でやりすぎないこと

自分のことは自分がよくわかっていますね。でも、自分のことをよく理解するのは、ある程度の経験をつんでないとよくわからないものです。英語の勉強も同じで、自分に合う勉強法があります。自分に合う方法というのは、たくさん量をこなして勉強してから出ないと中々わからないものです。最初から我流でやっていては、遠回りになってしまう。最低限のルールや文法、単語を覚えて、そしてある程度の勉強の習慣をつけてから、一人で走り出すべきだと思います。

テクニックに依存しすぎない

今や書店にいくとTOEICや英会話に関する本は山程あります。私も講師として多くの教材や雑誌を毎回読みますが、根底のところはほとんど内容は同じです。どれもこれも、しっかりと英語の根本的な基礎力をつけないと、勉強をしていてそもそも楽しくないし、もちろん使いこなせないので結果は中々でません。まるで、宮本武蔵から剣はもらって、それを使いこなせる筋肉や戦い方の基礎を知らなければ戦で勝てるはずがありません。

時間配分を常に気をつける

これはREADINGに限ったことですが、練習の段階でそもそも時間を測らずにTOEICを勉強している人も多くいらっしゃいます。TOEICで800点や900点を目指したいようであれば、制限時間内に終わらせることは非常に重要です。とりあえず本番でなんとかなればいいやと思って勉強するくらいでは、到底たどり着きません。本番はやはり緊張します。いつもどおりの力を発揮できるわけがありません。だからこそ、日頃から早く解く練習をしないといけません。

TOEIC800の価値

実際のところ、TOEIC800点というのはどれくらい価値があるのか。私自身よく考えることです。とりあえず周りが受けていて、企業でTOEICの点数求められているから受ける、だけでは正直中々モチベーションは持続しません。

もちろん持っておいて損はありません。英語をそろそろ勉強したいと思ってTOEICから勉強し始めるのも、英語力を向上させるためには一つの手です。

本日は、これからTOEICを受けるにあたって、TOEIC800点がどれくらいこの日本で価値があるのかを書いていきたいと思います。

まずは、転職活動で自分をアピールする武器が増えるということです。グローバル化、訪日外国人観光客の増加、外国人労働者の雇用など、年々英語でコミュニケーションをとることの需要は高まっています。私自身、前職では人事コンサルティング企業のグローバル部署にて外国人人事を担当していたのですが、やはり日本人と外国人で働くことは、言語の違いだけでなく、コミュニケーションスタイル、文化背景など様々な違いで大変な思いをしたこともあります。

何人かは日本語を話せる外国人の方もいらっしゃったのですが、それでもやはり英語を使わなければいけない部分は多くありました。

基盤である英語がないとこのような環境で働くことは相当きついです。しかし、このような環境に自らいくことで英語力は確実に伸びていきます。もちろん、ビジネスの現場で英語が話せるようになるということは、いまのこの日本では非常に希少性の高い人材として認識してもらえます。

しかし、そもそもTOEIC800~900点という高得点の点数がない限り、このような国際色豊かな部署に異動することや会社に転職することがまず難しいです。

なにかと専門的なスキル等がない限り、このような機会を手に入れることはできません。

勉強ツール

TOEIC800点を獲得するためには、コツやテクニックだけでなく根本的な英語の基礎力も同時に鍛えていくことが重要です。独学で一番たいへんなのは、この根本的な英語を勉強することです。テクニックももちろん様々な本を読んで学んで実践していかなくてはいけませんが、英語の基礎的な能力は毎日の音読やTOEICの学習とは少し離れる語学そのものの勉強を一からしていかなくてはいけません。

今回は、TOEIC800点を獲得するにあたって、少しでも勉強しやすいように、便利なアプリを紹介していきたいと思います。

Polyglots

ニュースから娯楽まで、様々な記事が自分のレベルに合わせて読める無料アプリです。Part7の長文読解問題では、速読力がTOEIC800点を超えるにあたっての鍵となっています。できるだけ早く読むという音読を通したトレーニングをすることがすごく大事ですが、TOEICの文章だけでは飽きてしまうという人もいます。そもそもビジネスの文章になってしまうので、興味のない人からすると苦痛になってしまうときもあります。そんなときに使えるのが、このアプリです。わからない単語があったとしてもアプリの辞書機能を使って調べてくれるので、非常に便利です。

VOA Learning English

こちらは世界のニュースを英語学習者用にスピードや語彙レベルを合わせてくれるリスニングのアプリになります。多聴の教材としてはすごくありがたいアプリです。ニュース関連の記事なども、スピードはそこまで早くないものの、単語レベルはTOEICでてくるような単語ばかりなどで、聞いているだけでも勉強になります。

いかがでしたでしょうか。大事なことは、自分で定めた目標点数を獲得するまで勉強をやり続けることが最も大事です。足をとめず進み続けるためにも、TOEICから少しだけ離れて他の英語に触れてみるのもモチベーション維持のためにもすごく大事です。

すべて解き切る重要性

TOEIC800点を獲得する上で、様々な戦略や戦法を学ぶことは大事ですね。しかし、TOEIC800点というのはすべての問題を解答できなければいけないというわけではありません。

大事なことは、どこを正確に解答すべきで、どこを捨てるべきなのかを知ることが重要です。

本日は、どの問題を落としてはいけないのかという観点から記事を書いていきたいと思います。

絶対に落としてほしくないPARTは、PART1、PART2、PART5です。
これらの問題は他の問題と比べて簡単です。どう簡単かというと、パターンを覚えて、訓練すればすぐに点数がでるからです。

これは言い換えると多くの人がしっかり勉強してくるので、全体的な正答率も高い傾向です。

TOEICは偏差値換算方式なので、このような問題を落としてしまうと点数に大きく影響してしまいます。

これらの絶対に取るべき問題は、できるだけあとかた勉強することをおすすめします。なぜなら、勉強すればすぐに点数がとれるからです。

人間の心理として、どうしてもできる問題を何度もやってしまう傾向にありますが、そればっかりやっていたとしもまったく意味がありません。

自分がいま現状どのパートが得意で、不得意じゃないのかを明確に理解して引き続きがんばりましょう!

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

 

 

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

フリガナ

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

授業内容

備考