TOEIC800点超対策〜英英辞典でリーディング攻略〜

皆さん”返り読み”とういうのはご存知でしょうか?
英語→日本語→英語で英文を読んでしまう日本人特有の思考回路のことを指します。

筆者含め、学校のテストで散々この英文を日本語に訳しなさいというのを皆さんやってきたかと思います。
私たち日本人はこの訳しなさいシリーズに慣れ親しんでいるので、ついつい英文を読むときに英語から日本語に変える癖がついてしまっているわけですね。

しかしこの”返り読み”をしてしまうと、会話する時や英文を読む際にスピードがガクッと落ちてしまい結果的に大きなタイムラグに繋がってしまいます。
このタイムラグというのは時間が命!のTOEICテストには大打撃です。いちいちえ〜っと、I’m collingは〜など英訳している暇はTOEICにはないわけですね。
そして800点を目指す方にはリーディングパートにおいてこのスピードに加え、正確さも必要になってきます。

その正確さを身に付けるのが”辞書”です。

えー?辞書使うの?と思われた方、使うのは和英や英和ではなく英英辞典です。
英語で解説されているのを調べることで”返り読み”の癖をなくしていけますし、そもそも辞書ですので小難しいことが書いておらず、リーディングの練習にもなるといいことづくめなのです。

ぜひ英英辞典を有効活用して英語→日本語→英語の思考回路を改善してリーディングのスピードをどんどん上げていきましょう!

</a>
<div id=”SA-Widget-10109″></div>
</div>
<script>
(function() {
var s = document.createElement(“script”);
s.src =”https://www.street-academy.com/javascripts/view/blog_parts/embed.js”;
s.async = true;
s.charset = “utf-8”;
window.sa_class_options = (window.sa_class_options || []).concat({id: 10109, type: 1, urlHost: “https://www.street-academy.com”, trackingCode: “86c07d674567227489c25853a4d9b579”, d_code: “undefined”});
document.body.appendChild(s);
})();
</script>