TOEIC800点超対策〜Part3攻略その3〜

TOEIC800点を突破するには、各パートの攻略と対策をしていくことが超重要です。

前回はTOEIC800点超対策〜Part3攻略その2〜ということで簡単なPart3の詳細を書かせていただきました。
今回は最終回ということで、Part3の満点をとる為のテクニックについて書いていきます!

Part3は2人の会話に3人会話や図表問題が1、2題ほど出てくるという形式になります。
ここでの対策テクニックは主に2つあります。

・先読み
旧形式のPart3対策や勉強をされてきた方でしたらこの”先読み”というワードにピーン!とくるはずです。
この”先読み”とは英語音声が流れてくる前に設問をざっとスキャニングし、設問に答えていくという方法になります。そして新形式でもこの”先読み”は活きてきます。
先読みをしていく上で設問だけ読めばいいのか、はたまた選択肢の方も読んだ方がいいのか、という疑問も湧いてきます。
このことに関しては、設問だけ目を通す方がGOODです。時間に余裕があれば選択肢にも目を通すとBETTERです。というのも、Part3はの選択肢は4つあり、設問のほうも含めて覚えるとあれ?いまどこなんだろう…?と迷子になる恐れあります。長めの会話なので、リスニングに集中したいですよね。
重要なのは何を問われているのか?ということので、設問だけに集中して先読みしていきましょう!

・秒単位の時間を有効活用
Part3の問題文のリスニングは約30秒、そのあとに無音が約5秒あります。
次に各設問につき解答時間である無音の約8秒をGETできます。
この8秒間を使ってどんどん次の設問を先読みしていくのが、Part3の最大の攻略法になります。
Part3は39問の長丁場、8秒間という短い間で設問3つを読んで準備する、というのを13回繰り返します。
たった8秒されど8秒、テンポよく先読みして解答していくにはこのわずかな時間も有効活用していきましょう!

Part3は会話形式でテンポが早く、焦ってしまう方も多いかもしれません。
ただ、先読みや時間把握を意識していけば落ち着いて解答できます。

TOEIC800点突破するために必要不可欠なテクニックであるこの2つ使って、TOEIC対策頑張ってやっていきましょう!