TOEIC800点超対策〜TOEICのスコアについて〜

皆さんTOEIC800点超え対策は順調でしょうか?
今回はリーディングパートの記事に突入する前の閑話休題、TOEICテストのスコアについてです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、TOEICスコアの配分は1問5点。リスニングセクションが495点、リーディングセクションが495点。495+495=990が満点になります。
そしてこの990点が一番高いスコアなことに間違いないのですが、誰もが990点に到達することができるわけではないのです。
どういうわけかといいますと、TOEICのテストは毎回毎回難易度が違います。
前回で990点を取得した方が、もう一度受けて985点に下がってしまった…という例もあります。
もちろん逆に前回受けたスコアよりも点数アップする方もいます。
さてTOEICテストの難易度は何を基準に決められているのでしょうか。気になるところだと思います。
それは…

実際受けてみるまでわからない

が正解です。

TOEICは全パートに数々のひっかけ問題やTOEIC過去問をやり尽くした方にも????と、戸惑う問題がふんだんに盛り込まれております。このようなところまでトリッッキーですね!
なので、全力で挑んだのにスコアが上がらなかった、むしろ下がってしまった方、ひどく落ち込まないでください。
もちろん800点越えのために猛勉強したのに結果が出せなかった、というよりたまたまいつもよりその受けたTOEICテストが難しかっただけというのも考えられます。きっと他に受けた人も同じような境遇の方がいるはずです。

それに加えてTOEICテストは年間10回開催されます。センター試験のように一回きりの大勝負、ではありません。
一回受けた際のスコアの点数に納得できなければもう一度チャレンンジすることが可能です。
何回も受けてむしろTOEICテスト自体に慣れてしまうのも手かと思います。
次のTOEICテストは9月、そこえで800点いかなかったら…と悲観せず、次もあるし!と前向きにTOEICテストに挑みましょう!!