TOEIC800点超対策〜Part6攻略その2〜

前回はTOEIC800点超対策〜Part6攻略その1〜とのことで、簡単なPart6の説明と心構えの記事を書かせていただきました。
今回はリスリングセクションPart6の特徴と攻略方法詳細を書いていきます。

前回のおさらいになりますが、Part6長文穴埋め問題になります。
問題総数は16問。Part5に引き続き基礎的な英文法の知識、SVOの認識、構文理解は超必須。
最大の特徴としては、

・文章全体の流れを把握する
・全部読んで解く
になります。

今までも空欄に接続詞や動詞の型によって、空欄の前後の少し長めの文章を読まなければなりませんでした。
さらに、2016年5月にTOEICが新形式からは、新たに1文を空欄に入れる問題が爆誕。
文章全体の流れを把握することが必須となったわけですね。
Part6の内容はメールがメインです。
ですので、メールの宛先とか件名も全て含んでいるということを前提に解いていくことが超重要になってきます。
特にメールの件名はメールの要約が書かれている場合が多いので、文章の流れを把握するのに非常に役立ってきます。
くれぐれもPART5のテクニックだけで解くものではないということに注意しながら、Part6対策していってくだいさいね♪

次回はTOEIC800点超対策攻略最終回です!