~カフェで朝活英会話~英語の音フォニックス『P』編

Welcome to my Phonics class❁

今回は『P』の音について簡潔にご紹介します。

『P』の音は、なんと、フォニックスでは「ピー」ではありません。

唇を合わせて、破裂音を作ります。ここで破裂音となると大きな音を出しがちですが、
リラックスしても出せる音となります。『B』の音の出し方と同じです♪
口を丸めて「ピー」と言わないようにしましょう!

口の形と、動かし方が変われば、自然と音が変わりますね!

Peter, pepper, policeなどですね。

どうでしょうか、違う音は出せましたか?

1日で出来なくても、筋トレと同じで、繰り返すことによって、音が出せるようになってきます。

朝活・夜活でも英会話をしながら、発音矯正をしておりますので、是非ご相談ください♪
一緒に頑張っていきましょう☺

次「Q」のブログはこちら