~カフェで朝活英会話~英語の音フォニックス『R』編

Welcome to my Phonics class❁

今回は『R』の音について簡潔にご紹介します~!!

フォニックスでは「アール」ではないんです。

日本人の私たちが一番音を出すのに、時間がかかる音とも言われています。

毎回少しづつ意識をすれば、口の筋肉が慣れてきます♪

『R』は舌を口の中で丸めて、「ル(ウ)」と発音します。

ここでのポイントは、力まずにリラックスして舌を上へ持ち上げます。その時に舌が口の天井(?)に付かない事❁
舌の根元が引っ張られているようですと、単語を発音する際に、上手く口が動かせなくなってしまいます。

Rabbit, berry, veryなどですね。

『berry』をカタカナ読みで「ベリー」と発音してしまうと、お腹の「Belly」になってしまいます!笑
私も随分この音には始め、時間がかかってしまったのですが、今気づけば意外に簡単でした笑。実践やるのみですね。

ちょっと口の形を変えるだけで、カタカナ英語から、英語の音になっていきますよ❁

1日で出来なくても、筋トレと同じで、繰り返し意識することによって、音が出せるようになってきます。

朝活・夜活でも英会話をしながら、発音矯正をしておりますので、是非1度ご参加してくださいね♪