【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜パラグラフリーディング〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点を獲得するために、Readingのポイントを攻略することは必須ですね。しかし、多くの受験生が、この読解に苦手意識をもっています。例えば、readingを教えていると、よくこのような問題を抱えている生徒さんによく出会います。

“わからない単語がでてきて時間をかけてしまう”“残り15分になると焦って文章が頭に入ってこない”“読解問題の量が多すぎて、最後まで毎回解ききれない”

こういった問題を持っている方におすすめするのが、パラグラフリーディングです!

パラグラフリーディングとは、簡単にいうと英語の文章の癖を掴んで速読する技術のことです。日本にも起承転結という、日本語の文章独特の書き方がありますね。英語にもPREPという、英語の文章独特の癖があるんです!

P(Point)結論

R(Reason)理由

E(Example)例

P(Point)結論

このような癖を理解してしまえば、大体どこに何が書かれているのかをすぐに把握し、TOEICIELTSなど資格系の英文から、雑誌、新聞などあらゆる英語の文章をスムーズに読めるようになるんですね!TOEIC800点という高得点を目指したいと言うようであれば、このスキルは必須です。特に、TOEICでは毎回同じような文章が何度も出てきます。例えば、ポジションの募集・応募、広告、企業団体の活動、などなど

それぞれの癖を理解することで、読解スピードが上がるだけでなく、設問の問題がどこに書かれているのかもすぐに把握でき、解答スピードもあがります。

設問にかかれているキーワードを探して、回答するというやり方が流行っていますが、新形式になってから意味を問う問題が増えており、この技術だけではTOEIC800点や900点を超えることは難しいです。

ぜひ、みなさんもパラグラフリーディングを使って、

目標の点数に向けて正しく勉強していきましょう!

授業でもお待ちしております!