【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】~英語のスランプ~

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

本日は英語をある程度できるようになってくると起きる現象、英語のスランプについて書いていきたいと思います!

昨日はあれだけたくさん話せたのに、今日は全然話せない。。。
この前模試を受けたときスラスラ解けたのになぜか今日は解けない
以前受けたテスト800点を超えていたのにそれから中々点数が上がらない
昨日リスニングをスムーズに聞けたのに、今日はほとんど聞き取れない

このように感じたことはありませんか??

特に、留学をしている最中や、TOEIC800点や、900点に向けて努力されている方、日々英語を使ってお仕事をしている方からよく聞く言葉です。

私自身も、本当によくこの現象が起こります。これが英語のスランプです。スポーツでもスランプはありますね。でも実はこれは他の人よりも、たくさん練習やインプットをしているからこそ起こる現象です!たくさんの語学に関する情報をインプットしているからこそ、脳が混乱しているだけです。TOEIC800点を獲得するにあたって、莫大な量の単語を覚えなければいけません。新しい情報を取り入れているからこそ、混乱してしまうのも無理もないです。また、TOEICは、点数の目標が明確化されるので、それがプレッシャーになってしまい、スランプに陥ってしまうと立ち上がれない人もたくさん見てきました。800点,900点は非常に高い壁ですね。

もし、プレッシャーやスランプで自分を追い込んでしまっている場合は、一度思い切って英語から離れてみたり、日本語をたくさん話してみたり、趣味に没頭してみたり、ベクトルの方向を変えてみましょう!

脳がたくさんの情報を整理できるように、時間を与えてあげましょう。数日間たつと、また英語が話すのが楽になっているはずです。いわば、このスランプは、成長痛のようなものです。スランプがくれば、これは伸びるチャンスだ!!と思ってください。

たくさんの英語のスランプを経験できるように、

たくさん英語に触れていきましょう!