【コーチング英語UNO】~英語の師匠

uno

【コーチング英語UNO】~英語の師匠〜

私が英語を大学時代がんばって勉強し続けた理由の一つとして、自分がお世話になった大学の教授がいます。

彼は、アメリカの歴史を専攻にされていて、同時に英語も教えてくださっていたんですが、もちろん英語はペラペラです。

どのようにして勉強していたのかと聞くと、
小さい頃から野球が好きで、メジャーリーグをラジオで聞いていたそうです。

英語でからはなく、野球から英語にハマったとおっしゃっていました。

当時は海外の野球の報道など、ラジオでしか聞けず、とにかくそれを聞くために必死で英語を勉強したそうです。

今みたいに書店に英語の本がならんでいるわけではなかったので、
NHKの薄い英語の学習本を丸暗記していたそうです。

それを完璧に覚えてしまい、英語の高校の先生を努めてから、
アメリカの大学院に入学し、現地の日系企業の通訳をしたりなど、ハワイで研究したり、
様々なバックグラウンドを経て、いまの教授という仕事についたそうです。

いろんな経験をされた教授だからこそ、いうことはとても素敵で、会うたびにご飯につれていってもらってます。

教授をみていて、やっぱり好きなものが人をかりたてるんだなと思います。