英語学習は日本人講師を選べ!

  • by

みなさん、どんな英語学習方法をされていますか?
ネイティブ講師との英会話、TOEICのスコアアップ、またはこれから始められる方・・!!

ここでは日本人講師、そして皆さんと同じ英語に悩みをかつて持っていた日本人だからこそ、その悩みに対しての理解と解決策をご提案できるという事です。

英語がもともと話せる人は、どうして英語が話せないのか、英語に対しての壁がどうして高いのか、分からないですよね。

私たちのレッスンでは、長々と何年も学んでもなかなか上達しない英会話ではなく、
皆さんの目標に向けて集中して取り組んでいき、将来的にはNativeの方と話せる会話力までもっていく事、
またレッスンを受けなくてもご自身で英語を続けていける力をつけていきます!!

日本人講師が役立つタイミング

英語の勉強をする際に最初に悩むのが日本人講師に教えてもらうべきか、外国人講師に教えてもらうべきか、悩みますね。私は、常にどっちとも取る方をおすすめします。レベルによっても異なりますが、中級者かつ大人であれば日本人講師から教えてもらうほうがいいと思います。私自身も、様々な外国人とともに働いたり、海外にステイしたりしていましたが、一番伸びたと思うのは、個人的に日本人でイチから英語を学んだ人につきっきりで教えてもらったことで伸びました。なぜかというと、様々なフレーズや、単語など、コミュニケーションのとり方から細部まで教えていただけるし納得しやすいです。ネイティブだとなんとなく喋った気になって、結局今日は何を学んだろうと思ってかえってしまい、常に消化不良でした。

TOEICでいうと、これは英会話を学ぶよりもはるかに日本人講師がおすすめですね。そもそもテスト対策はテクニックや勉強法が非常に大事になってきます。論理的にしっかりと理解した説明でないと納得しづらいです。ネイティブの先生でももちろん様々なニュアンスを教えてくれますが、それが記憶に定着しやすいかというかというとそういうわけではありませんね。強いて言うならばリスニング力がある程度向上するくらいです。

TOEICで高得点を獲得するあたって、日本人講師に学ぶか、ネイティブ講師に学ぶか、どちらがいいかというと、それはレベルによりますが、TOEIC800点を獲得したいのであれば、日本人講師に問題のコツを徹底的に学ぶほうがいいですね。

 

日本人英語講師のメリット

みなさん日本人の英語講師のメリットは何だと思いますか?

もちろんNativeの先生がいいという方もいると思いますが、

授業中に日本語でアドバイスが出来るという事、また日本人の感覚を持っていながら英語を話す事もできるという、
Native講師ではカバーできない大きなメリットがあります。

もちろん最終的にはNativeの方とコミュニケーションがとれることが最終ゴールとなりますが、
いきなり文化と会話リズムの違うNativeの方と話すには、やはりハードルが高くなってきますね。

そのため、あえて日本人講師との授業で、英語になれる事、学習方法のポイントなどを把握して、
Native講師へスライドしていくというのが一番効率がいいと考えます!

何年も通う英会話教室とはおさらばです!

短期集中で、人生を変えましょう!

特にIELTSやTOEFLでは日本人講師

英語を学ぶ際に一番理想なのは、海外に生活しながら毎日外国人の心おきなくできる友達や恋人と会話し続ける、それでも持って自分で毎日勉強することですね。しかし、これが中々実現できないからこそ、多くの方が英語の学習に苦労しています。

日本語環境で大人になってからどのように勉強するのか。まずは、この疑問と向き合わなかればいけません。私は、まず日本語講師から学ぶべきだと思います。そして、同じ講師から学ぶことがすごく大事です。IELTSでは、多くのところでネイティブ講師やバイリンガルの方が講師をしていますが、日本人講師のメリットはすごく大きいなと思います。

今回は、なぜ日本人講師から学ぶべきなのかについて、書いていきたいと思います。

質問しやすい

そもそも語学は、文法や分構造、フレーズ、単語など、本当にいろんなルールがあるので、わからなかったときに英語で中々うまく質問できません。
また、わからないときって、ただでさえ問題がわからないのに、解説の英語がわからないと意味ないですね。せっかくの授業もネイティブの講師の英語の解説がよくわからなくて返ってしまう学生が非常に多いので本当にもったいないなと思います。わからいところを予習してきて、授業ではそのわからない部分を解決する場のはずなのに、まったく本質的ではないなと思います。いつでも母国語で質問できる環境が整っていることが、IELTSの点数をあげるひとつの要素だと思います。

日本人特有の苦手分野に合わせた授業ができる

そもそも英語と日本語はまったく違う言語です。ニュアンスだけでなく、文法や分構造なども全く異なります。多くの方が子供の頃から英語を勉強しているわけではありません。いま英語を必要としているほとんどの日本人が大人の方たちです。私も英語は大人になってから勉強し始め、どんなところでつまずき、学習の途中でどういうところで挫折しそうになるのかが理解できます。

日本語特有の表現を英語で訳すことが出来る

これはおそらく、日本語講師の一番のメリットではないかと思います。英語と日本語のニュアンスはものすごく異なります。日本語から英語に訳したものが、ネイティブに伝わらないことなんてザラにあります。ここで大事なことは、いかにしてシンプルな単語で、ネイティブで伝わるような英語を話すかです。私達は、ネイティブにはなれませんし、バイリンガルにもなれません。目指すべきは、JAPANESE ENGLSIH SPEAKERです。自分が生まれ育った日本で培ったその価値観や思考を英語で表現することが出来る、これが世界のイングリッシュスピーカーとの違いにもなり、訪日外国人観光客が増えてくる日本で最も価値になると思います、IELTSのスピーキングセクションでも、日本語ではこう伝えたいのに、中々英語で表現することができないと思うときが非常に多くあります。そこをいかにして簡単な英語で相手に伝わる形で表現できるかが重要です。

英会話のロールモデルとなる

何かを目指す時にロールモデルはかかせませんね。英語も同じです。
の俳優のインタビューかっこいいな、こんな話し方してみたいな
こういう願望があるからこそ、人は”マネ”をしようとするんですね。

私は学生の時の部活、仕事でもそうですが、尊敬できる上司、かっこいいなと思える上司でないと中々まねをしようとしない、ちょっとやっかいな人でした 笑

とにかく、英語を習得する際にも自分がまねしたい話し方、発音、などなどロールモデルが必要です!!

これを私は、Englih parent といっています

日本語を習得する際に誰がロールモデルだったかというと、おとうさんやお母さんですよね。

おとなになってからも、このような存在が必要です。

大事なことはそのEnglish Parentとできるだけ多くの時間を過ごすこと、真似したいなと思えるような存在であることです

中々日常生活でこのような存在をと見つけることは難しいですよね。

まずは、Youtube かなにかで自分が真似したいと思える英語を話す俳優でも誰でもさがしてみてください。

 

 

 

 

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

希望授業内容