英語学習で本当に必要なマインド

  • by

Hi, コーチング英語の宇野です。

英語学習で挫折する方は多いですね。色んなやり方がありますが、なぜ日本全体の英語力が伸びていないかというと、英語学習を継続できる人が少ないからだと多くの人を見てきて思います。やり方どうこうよりも、継続するためには正しいマインドが必要です。今回は、少しでも多くの英語学習に取り組む方が、今後も英語学習を継続するためのいくつかのマインドを書いていきたいと思います。

趣味になるな、負担をかけろ

英語の勉強は楽しくやることもいいことですね。
ただ、その勉強が単なる自己満足で終わってしまっては意味がありません。

英会話というのは、スキルがとてもはかりにくいです。
もちろん、英会話学校の先生は褒めるのもお上手ですし、会話力も高いし、日本人に慣れていらっしゃるので、
授業が終わった後は話せている気になってしまいがちです。

また、英語にはリスニングからスピーキング、リーディングと様々なことをしなければいけません。

そこで、どれかが得意になってくると、その得意なことだけに時間をかけてしまいがちです。

自分のやりたいことだけにフォーカスして、点数を上げる、結果を出すためにできることを怠っていませんか。

あなたが本当に成長したいと思うのであれば、やるべきこととやりたいことを明確に分け、このやるべきことにどれだけ時間を投資できるかが勝負です。

負荷をかけてこそ、成長はおとずれます。

音読で口から英語を出すことを毎日続ける

音読は語学にとって、最も重要な勉強方法です。

以前は、なぜ音読が重要なのかを書きましたが、今回はさらにそこを深ぼっていきたいと思います。

みなさん、子供の頃から英語を勉強すると、英語を習得しやすいとよく聞きませんか。
子供の脳は言語を学ぶのに最適な状態なんですね。

イメージをいうと、スポンジのようになんでも吸い込んでしまい、言語も耳にはいってくるものすべて受け入れてしまいます。

反対に、大人の脳はどうでしょう。
必要なものと、必要でないものを明確に分けてしまいます。

ちょっとやそっとでは覚えさせてくれないんですね。

脳が必要なものだと思うときは、毎日その情報に触れ続けること、脳が勝手にこれは重要なんだなという反応を起こすんですね。

ちょっとやそっとしっかり勉強しただけでは、脳は簡単には受け入れません。

だからこそ、語学も毎日触れる必要があるんです。

よく留学いって日本人としか絡まずに、英語を話せずに帰国してしまった人をよく見ますが、あれもどれだけ外国人がいる環境にいても、触れる時間と触れなければいけないという危機感がないからこそ、脳が必要じゃないと思ってしまってるんですね。

だからこそ、毎日毎日日本でも海外でも英語を触れ続けることができれば、どんんどん伸びていくんです!

英語舌を鍛える

英語が話せないと感じる大前提で、英語用の口が出来ていないという問題が実は眠っています。

例えばですが、日本語会話で必要とされる呼吸が肺呼吸であれば・・・

なんと英語はエラ呼吸・・・というように、大げさではありますがそれだけ使う口の筋肉が違って、呼吸法も異なると考えます。

そのため、いくらフレーズを学んでも口から出すのにひと抵抗あるわけですね。

そのため私はレッスンで生徒さんに、暗唱用のプリントをお渡しして、ひたすら読んでもらっています。

1週間も経つと、少しずつ口が動いてきます。

そしてその次の週から発音矯正をしていきます。不思議とリスニング力も上がってきます。


英語の師匠をつくる

今回も、私自身が出会った英語の師匠についてお話してしていきたいと思います。

やっぱり語学で大事なのはモチベーション。

多くの生徒さんをみてきましたが、やっぱり途中で挫折する人がたくさんいらっしゃるんですね

だからこそ、先陣を切って英語を習得してきた人をご紹介していきたいと思います。

今回は、私の大学時代の英語の講師の方です。

英会話、TOEFLなど、様々な英語をおしえていらっしゃって、

いつも英語でしかはなしかけてこない英語教育に熱をもったとても素敵な先生です。

彼女は私と同じ大学出身で、英語が好きだったのですが経済的な理由でいけなかったそうです。

最初は小さな石油会社に努め、お金をためた後、アメリカの大学院に進んだそうです。
そこでは主席で卒業したそう。。。。。
とっても努力家だからこそ、あんなに素敵な先生なんですね。

そして、日本に帰国し、英語研修会社に就職したそうなのですが、
合わずにすぐにやめ、英語講師になるための道を進むことに決めたそうです。

そこで、いまのポジションにまで上り詰め、毎日本当に忙しそうにされている、生徒からもとっても人気な先生でした。

やっぱり、自分のやりたいことを腹をくくって進むことこそが、人間的な成長につながるんですね。

英語の習得は簡単ではないですが、習得したいという気持ちを忘れずに、走り続けることが最も重要ですね。

 

二人目に、私が英語を大学時代がんばって勉強し続けた理由の一つとして、自分がお世話になった大学の教授がいます。

彼は、アメリカの歴史を専攻にされていて、同時に英語も教えてくださっていたんですが、もちろん英語はペラペラです。

どのようにして勉強していたのかと聞くと、
小さい頃から野球が好きで、メジャーリーグをラジオで聞いていたそうです。

英語でからはなく、野球から英語にハマったとおっしゃっていました。

当時は海外の野球の報道など、ラジオでしか聞けず、とにかくそれを聞くために必死で英語を勉強したそうです。

今みたいに書店に英語の本がならんでいるわけではなかったので、
NHKの薄い英語の学習本を丸暗記していたそうです。

それを完璧に覚えてしまい、英語の高校の先生を努めてから、
アメリカの大学院に入学し、現地の日系企業の通訳をしたりなど、ハワイで研究したり、
様々なバックグラウンドを経て、いまの教授という仕事についたそうです。

いろんな経験をされた教授だからこそ、いうことはとても素敵で、会うたびにご飯につれていってもらってます。

教授をみていて、やっぱり好きなものが人をかりたてるんだなと思います。

 

発音を気にしすぎるな!

実は、私は短期間ではありますが、アイルランドにいっておりました!

アイルランドのゴールウェイという、非常に小さな町に留学していたのですが、
最初現地に到着したときは、発音の違いに驚きました。。。

私は、日本で英会話を自力で勉強し話せるようになったので、行く前は英語力に自信がありましたが、ゴールウェイに到着したときはバスのアナウンスさえもよくわかりませんでした 笑

慣れるのにも非常に時間がかかったのですが、とにかく発音が癖のあること。。
例えば、uを強く発音するのですが、busだとブスと発音するんですね。

とにかく混乱の毎日でしたが、徐々に慣れてきました。

アイルランドにいると、発音ってなんだろうと考えさせられます。

日本で聞いていたアメリカンアクセントはほとんど聞こえないし、
アイルランド人だけではなく、世界中の人もきているのでいろんなアクセントを聞きます。

だったら日本語アクセントも全然いいじゃないかと吹っ切れてしまう人も見かけました

それくらいのメンタルで、英語を話さないと、恥ずかしく話せませんよね!

みなさんも、発音など気にせず、どんどん話してください!!

語学に近道はない。どれだけ毎日継続するかが重要

最近はよく本屋にいくと、英語の本で溢れかえっていますよね。

数ヶ月で英語がペラペラになる
数日でTOEIC何百点アップ

そんな簡単に語学を習得できるのであれば、だれも苦労しません。

英語を喋れるようになりたいという想いを、変なところに投資しないでください。

英語は語学です。
私達はもうすでに、日本語を習得しています。
日本語を習得する攻略法からそれないでください。

本、ネット、広告、いまは情報社会だからこそ、いろんな誤解を生む情報が溢れかえっていますね。

確かに数ヶ月で英語が話せるようになった人はいるかも知れませんが、

そもそもどの程度話せるようになったのかなんていつも不透明です。

何かを得るためには常に、何かを犠牲にしなければいけません。

特に語学は生活事態を一新しないと、習得することなんてできません。

日本語と同じように、お父さんやお母さんのような言語のロールモデルをつくり
常にそれを目指して1日でも多く音読することが最も重要です。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

フリガナ

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

授業内容

備考