【コーチング英語UNO】〜できないと思える課題がきたとき〜

unoHi,コーチング英語のUNOです!

私の講座では、いきなり外国人が上司になったなど、いきなり社内が英語公用語になった、など
英語をつかわざるをえない環境に来てしまった方が非常に多いです。

いきなり英語を話さなければいけないというのは、想像もしていなかったことだと思います。

しかし、やるしかないですよね。

近い将来、このような状況は当たり前になってくると私は見ています。

こんなことできるわけがない

という課題がきたときこそ、チャンスだと思ってください。

語学を向上させる上で最も手っ取り早いのは、その言語しか使わない環境に自分を落とし込むことです。

できないと思ったとき、それは自分の今までやってきた努力の範囲を超えるからです。

生活も一新してしまいますね。

しかし、それくらいしなければ成長しません。

できない課題がきたとき、チャンスだと思い取り組んでいきましょう!