英語が話せるとはどういうこと?

  • by

英語が話せるとは

みなさん、英語話したーい!と思った事、ありますよね。

ここでいつも少し不思議に思うのは、英語を話したいというニュアンスですね。

英語は皆さん、話そうと思えば、中高で習っているのですから、話せるはずです。既に話せているんですよ!!

日本人の生徒さんは、私は全く話せないから~!とよく自信を無くされて言うのですが、実際には単語力も文法力もあるんですね。

ただ一つ、会話力が欠けているのです。

これは英語を話したいという表現よりも、『英語で話したい!』というニュアンスの方がしっくりこないでしょうか?

話すことは決まっていて、話す熱意もある!だけど、英語が出てこない!という感じですね。

英語を話したい!という思いですと、皆さん覚えたフレーズを出力して、英語が話せた!という結果に満足している事になります。

よりコミュニケーションを重視した会話であれば、何かを『英語で話したい!!』と考えてみてくださいね!

少し英語が出てきませんか・・・??

語学力とは

みなさん英語を話せるようになったら、今のコミュニケーション力が上がると思っていませんか?

英語が話せたら・・・

日本人の私たちはそう思っていますよね。

もっと細かく言うと、英語は語学力です。

英語を話せたからと言ってコミュニケーション力が上がったわけではありません。

そこが皆さん、英語が話せないと思ってしまう原因です。

コミュニケーションが日本よりも活発な海外文化に、私たちの文化がマッチしていないだけであって、

英語が活きていないだけなんです。

最終的に単語力やイディオム力ではないですね、英語巧みに使いこなせるのか・・・というところに尽きるのです。

私のレッスンでは、コミュニケーション能力も磨いていきます!

英語での会話はこう進む・・・!!

英語で何をはなすか

みなさん英語で誰かと話す機会があるときに・・・何を話したいですか?

この質問になかなか答えが浮かばない方がいらっしゃいます。

その原因として、私は、日本での会話は非常に身内だけものと限られているからだと考えます。

よく日本に来た観光客の方、日本に帰国した日本人は気づきます・・・

日本って静か・・・だ。

そうなんです、small talkが飛び交うような国家ではないのです。

少なくとも英語を話す英語圏の国だと、How are you?のあとに、自分がシェアしたいことや、感情など、

ちょっとした会話で他人へシェアしますね!

この文化が日本にはないのです。

決まったビジネスの話や、一方的に聞きたいことを聞いて終わり、のような膨らみのある会話をする方は多くありません。

そこで私はレッスンの中で、どんな事をシェアしたいのか。

会話の中で、どんな事を相手に話したいのか、相手から聞きたいのか、徹底的に考えていきます。

会話はあくまでも、コミュニケーションなのですから

 

外人の友達がいないから無理、人見知りだから無理だろう・・・なんて声が聞こえてきます。

そうですね、その場合、言語が英語でなかったとしても、会話を楽しむ事は出来るのでしょうか?

日本では、なかなか新しい人と知り合う機会がなかなか少ないのかなと思われます。

私は以前航空会社で働いていましたが、シフト勤務であるという事もあって、社外で新しい人と出会った人数は

年間で数えても1-2人。深い話すするような人は0人というような時期が何年も続きました。

そのため、最初は外人の友達ができても何を話したらいいのか分かりませんでした。

社内の人と話すと楽ですね、共通のトピックスがありますから。

では新しい人とはどうでしょうか?これにかんしては、とにかく話してみないと分かりません。

天気の話から始まって、最終的には共通の趣味の話に終わった!なんてことありませんか?

これは会話力を鍛える事によって、いくらでも膨らませる事ができるんです♪

他人にどう思われるか・・・なんていう考えは片隅に置いて、どんどん新しい人と話していきましょう!

たのしいですよ♪

英語でする前に、まずは日本語でも実践してほしいですね☺

レッスンではこういった会話の繋げ方、会話の始め方のポイントなどお伝えしていきます!

英会話は文法じゃない

みなさん、英語では何が苦手ですか??

リスニング力・文法力・ライティング力etc・・・

試験での点数を見える化するために、分けられたスキル別科目。

これは試験対策のための項目ですね。

では試験を受けるつもりはないけど・・・っていう方はどうしたらいいのでしょうか?

文法なんて完璧を目指したら、どれだけ時間がかかるのでしょうか。

文法力は会話力に繋がるのでしょうか?

個人的に、文法なんて出来なくて全く問題ないと思います。

カナダ人の友達に、日本の文法書を見せて、質問をしたら、
”こんな風に考えたことがないからわからない”

と言われたんですね。この文法書10年以上従ってきた私は唖然でした・・

それからは、一度文法の本を閉じて、とにかく実践のみという形で、どんどん会話をしていく事に専念しました。

アウトプットをとにかくしたのです。

そうすると、なんだか見えてきたんですね。

良くこのフレーズ聞くなぁ・・・という単語を徹底的にインターネットや辞書で調べました。

1年前自分が読んでいた参考書もよみましたが、なんだかしっくりこないことが多くありました。

実際に会話で使って、ニュアンスを把握してしまったら、文法など気にする時間は無くなったんですね。

1つなにか夢中になれればまずはいいんです。

「文法」に振り回されて自信を失わないでくださいね!

頭ではなく、会話なので、レッスンではそしてハートを使っていきます!!!!

スモールトーク

海外でよくHelloのあとに続くこのsmall talk。

みなさん英語でHelloのあとにどれだけ英語で会話を続けられますか?生徒さんの多くがこのsmall talkに悩まれてらっしゃるんですね。分かります、私もそうでした!!英語が話せないという事もそうですが、何を話したらいのか分からないという悩みの方が大きかったような気がします笑。接客業を通して毎日の会話量は人一倍多いはずなのに、フランクな会話になると何をどう話したらいいのかという点で外国籍の友達と話すときにいつも悩んでいました。もちろん人によっては静かな人もいますが、平均的に見て、発言量は英語圏の国の方の方が圧倒的に多いですね。

そこで、私の授業ではそんな点も解決できるようにまず取り組んでいきます。日本語も使ってですね(なぜなら日本人英語教師ですので!笑)どんな事に興味があるのか生徒さんと話していきますよ。What is your favorite thing?という質問にとっさに3つ英語で答えられますか?

最終的には日本語でのコミュニケーション力も上げていく事を意識しておりますので、会話が得意ではない方もご安心してくださいね。いきなり違う言語で知らない人と会話をするのって結構思っているより難しいですよ。少しづつ一緒に頑張っていきましょう!

初心者の方で、どこから英会話を始めて行けばいいか分からないという方、是非ご参加して頂きたいです♪

あいづち

今回は「あいづち」の大切さに注目していきます。

みなさん、英会話でしっかりあいづちしていますか?

日本語での会話と同じく、あいづちは言語に関らず「会話」においてとても重要な要素なんです!

話を理解しているよ~!聞いているよ!という意思表示になります。
黙って、全く反応がないのは会話をしていてもつまらないですよね。

こんな感じですね笑。

一緒に会話をするなら、笑顔で反応があった方が楽しいですよね。
また、「笑顔」はコミュニケーションをとっていく中で非常に重要な要素となります。

英語で会話をする際に、「ふ~ん」とか「うん、うん」というのは、なかなか理解してもらえないので、
あいづちも英語で積極的に、反応していきましょう。

あいづちTop 5 

・I see

・Right.

・Yes/Yeah

・That’s true

・Exactly

いかがでしょうか?積極的にどんどん使っていってくださいね❁

映画でも沢山使われていますね、好きな俳優のあいづちを盗んでいきましょう☆

オーダーメイドであなたの目標を達成していく講座はこちら↓↓
是非ご相談ください♪

アイコンタクト

みなさん普段アイコンタクトしていますか?☆

日本の社会で、アイコンタクトは苦手な方もしかしたら多いかもしれないですね。
海外では、日本よりもとっても重要な要素となって来ることが多くなってまいります♪

目が合うと、にっこりしてくださる海外の方時々いらっしゃいますよね!

みなさんその後どうされますか?

是非、『Hi!』と言ってみてくださいね(^^)

会話が自然と始まっていきます。

日本人らしい、「真面目」で「静か」というイメージの殻を破って、

少し英語を話す文化に触れていってみましょう❁

最初は目が合うと、ドキッとしてしまうと思いますが、慣れていきますね!

英語を話す自分を見つけ出したい方、
是非朝活・夜活に参加してみてくださいね!

オーダーメイドであなたのレッスンを作っていきます♪

英英辞典

英会話の生徒さんの中には、英会話は苦手だけれどもTOEICの点数は高得点!という方がいらっしゃいます♪

そういう方は、英語の単語力や文法力があるので、リーディング力も高い方がほとんどです!

そんな方へおススメなのは、英日辞書を使うのをやめて、

「英英辞典」

を是非使って頂きたいです☆

例えば、「enpower」という動詞がありますが、日本語訳では権限を与えるという意味がまず出てきます。
これを英英で調べてみると・・・

to give someone more control over their own life or situation

と出てきます❁ いかがでしょうか?

全くニュアンスが異なりますね。

enpower yourself

という言葉が最近のお気に入りですが、これは英語で考えた方がしっくりしますね!

自分自身をコントロールして毎日を過ごす事。

なかなか簡単で難しいですね。

是非レッスンで英語で人生について考えてみましょう☺

 

リズム

英語は、「リズム」が重要なんです。

海外にいてなんか耳が慣れてきた・・というのは、
同じようなリズムがずっと耳に入ってきたからですね。

これを日本で出来るだけ効率よく、実践していきましょう♪

日本語って、1音1音が独立していて、リズムというよりは、
言葉の意味で理解していきますよね。

それに比べて、英語はもっと音のリズムが伴っている言語なんです。

これを少し念頭に置いて、音読トレーニングをしていきましょう!!

コミュニケーション能力

英語をはなせるようになりたいと思うのであれば、同時にコミュニケーション能力を鍛えるのも重要です。

どれだけ英語が話せるようになっても、日常会話では友達ができなかったり、ビジネス上では関係構築ができなかったら、
たとえどれだけ英語が話せても本末転倒ですよね。

私達が英語を話せるようになりたいと思える先にあるものはなんでしょうか
それは、外国人と仲良くしてるの自分なのか、外国人と結婚している自分なのか、旅行でさらにいろんな人と触れ合える自分のなのか、ビジネスでグローバルに活躍している自分なのか

人それぞれ、英語を話せるようにな足りたいという目的のベクトルは異なりますね。

その目的によって、モチベーションのあげ方や学習方法も変わってきます。

私の英語の授業やパーソナルトレーングでは、まず生徒さんがなぜ英語を勉強するのかを明確化してもらいます。

語学を勉強するというのは、日々の忙しいスケジュールの中で生活リズムを変えていかなければいけないので、相当覚悟がいることです、

その覚悟をくくるためには、やはり目的を明確化させないといけません。

いま英語を勉強している方、挫折しそうになっている方、
なぜあなたは必死になって英語を勉強していますか

一度、考えてみるとなにかヒントが見つかりますよ!

毎日の英作文

みなさん今週はどれだけ英語に触れることにできましたか?

外国人と話すだけが英会話ではないですね。
自分の気持ちや、毎日の出来事、感想を英語にできますか?

毎日のちょっとした英作文が英語の感覚を身に付けて行くトレーニングとなります。

とってもいい天気!という言うのにも、It’s fine today.という表現から、

Fortunately, It’s great weather today!など幸運にも(fortunately)という副詞を付ける事によってニュアンスが変わってきます。

自分の感情や、ニュアンスを付け加えていく事によって、英語での表現力の幅が広がっていきます!

是非、日常でも取り入れていきましょう❁

英語で正しく反応

今日は英会話、どんな要素が必要となるのかという点についてお話しします!

あくまでも、プレゼンテーションではなく、「会話」であるという事。

言葉のキャッチボールであるということですね。
その球が、日本語ではなく、「英語」なの英会話ですね。

その際、英語でなんて反応したらいいのか分からないという事が、英会話初心者の方の悩みがありますが、
これは英語での表現が分からないがために、ほとんどの方が黙ってしまうんですね。

また、にっこり笑って空気を読むというような文化は海外にありませんので、
余計に相手には何を思っているのか通じず、上手なコミュニケーションがとれないのです。

そこでトレーニングをしていくのは、クイックレスポンスという方法です。

英語ですぐ正しく反応する!というものです。実際に会話になると、英作文を頭で考えていく時間はそんなにないですね。

朝活英会話でもやっています!!

音読と並行して行っていくことで、口がだんだん動いていきます

是非、意識して取り組んでいってみましょう

近道はない

最近英語教材の種類が本当に豊富ですよね。

本屋さんの語学コーナーは大好きでよく行くのですが、

毎月ものすごい数の英語教材が並んでおりますね。

一体どれを選んだらいいのか・・・

多く見かけるのは、簡単に1ヵ月でぺらぺらになる!というようなキャッチフレーズですね。

出来れば楽して話せるようになりたいもの、間違いありません。

私は英語を上手く操ることが出来るのに約10年かかりました。

少し上達してはモチベーションがあがり、実践しては落ち込みという繰り返しでした。

どこまでの達成感を目指すのかというところで、完成度は人によって異なってくると思いますが、

語学を習得するのに、ラクな方法はないのです。

筋トレと同じで、少しずつ毎日やる事に意味があり、将来的にも長い目で使える語学力を養う事ができるのです。

 

 

 

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

フリガナ

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

授業内容

備考