六本木SPEAKING【カフェで朝活】filmとmovieの違い?

こんにちは!Emilyです。

以前もお話しした、バイリンガル・トリリンガルの国、マレーシア。

一度に3ヵ国語を学んでいる国。私はマレーシア人の方から聞いたときに、興味津々で話が止まらなくなったのを覚えています。

マレー語と中国語、そして英語を同時に学ぶ国。

その際に印象に残っているのが、話を聞いた子はマレー語が一番得意で、その次は英語という事。

もう一人の子は、マレー語に続いて中国語が得意との事でした。

なるほど・・

母国語のマレー語以外の第2か国語そして第3ヵ国語の中でもばらつきがある事。

更には、本を読むときは中国語、話すときはマレー語が楽。というように、使う内容によっても使い勝手が言語によって違うという事。

とにかく今までにない感覚でした。

なにをお伝えしたいかというと、英語を日本語の母国語のように完璧を目指す事自体が間違っているという事です。

完璧主義な日本人の考え方から、より高い英語力を求めがちですが、

知らない単語なんて、Nativeの人と話していると、四六時中出てきます。その度に自信を失う必要はありません。

毎日少しづつです。発音1つ変われば、その音が入った単語をより綺麗に発音できます!

filmとmovieの単語の違い、そこに悩む必要はないですね!コミュニケーションで「映画」という事が伝えることが出来たら、

ひとまずいいですね❁

是非みなさん、完璧主義を捨てて、楽しんで英語を楽しみましょう!!!