【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜どの参考書、問題集をやるべきか〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

最近、書店に行けばTOEICや英会話の本で溢れていますが、講師として言えることは結局どの本も同じだいうことです。そもそも、TOEICの形式は変わりません。だからこそ、言えるのですが結局はやるかやらないかです

いろんなやり方や、解法があるかと思います。英会話であればいろんな勉強法があります。新しいことに対して、これなら自分もできるかもと思い、目移りしてしまいますよね。でも、本質は毎日やるかやらないかです。

700点以上になってくる人で多いのが、いつのまにか問題を解いて、たくさん正解できる自分に安心感を抱き、それによってしまう人です。だからこそ、700点から800点に到達することは難しいと言われています。もし、中々800点や900点にたどり着かない人は、何が原因なのかをつきとめ、苦手なことを理解し、毎日それをやる必要があります。地道なことから逃げては、語学は身につきません。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、宿題や講義の中で一人では中々続かないよう那シャドーウィングやdictationも取り入れています。単に、この宿題をやるだけでなく、なぜこの勉強をしなくてはいけないのかという理由と、どのようなやり方なのかも提示し、一人でやっている中でこれがいか不安で挫折するということを防げるような内容になるよう日々努力しています。
どれだけわかりやすい授業を提供しても、受ける方自身が毎日英語を勉強しないと意味がなんです。少しスパルタな授業になりますが、本気で800点を超えたい方はぜひ、受けてみてください。