【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜 他の人がやっていないときにどれだけ頑張れるか〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEICや英語だけでなく、自分がつけたいスキルは基本的に普段のルーティーンでしている仕事や授業外でやらなければいけないことです。
TOEIC800点や900点などの高得点を目指すにあたって、帰宅後の30分ちょっと勉強しても中々前には進めません。
やるべきことが終わったとに、どれだけ自分の未来に受かって努力できるかです。

先日、ハロウィンがありましたね。六本木では街中コスプレをしている人たちであふれていました。友達と遊んだり、知らない人と楽しむことをとても大事です。

しかし、こういう特別な日でも頑張れるかどうかが、他の人と差をつけることができるときになります。もちろん、こういう特別な日は確かに大事だとは思います。

しかし、会社の飲み会などはあまり意味がないように私は感じます。もちろんコミュンケーション量が増え、普段では聞けないような話が先輩から聞けたりなど、するとは思いますが、それは場所に依存せず、自分からその機会は仕事中でもいくらでもつくる努力はできると思うんです。私の前職では、飲み会は少ない方だったと思うのですが、少なからずありました。毎回飲み会に参加していても、周りと同じことをしているだけだなと思いました。

だったら、一歩でもその時間を、自分の理想にむけて走ったほうがいい。自分の生きる目的にむけて、行動をしたほうがいいと思うんです。

 私のスクールでTOEIC800点の講座を受けに来る方は、多くの方が転職をしたい、海外で活躍したい、昇進したい、という意欲を持った方々がほとんどです。

TOEIC800点や900点を超えるには、それくらい本気で取り組まないと結果にはでません。

TOEICも資格も、みんながやっていないときにやることになりますが、それは単に勉強をしているのではなく、着実に自分の未来に対して行動していることなので、順調です。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、点数をとるという目的ではなく、その先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。