【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜なぜ企業がTOEICを求めているのか〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

今回は、なぜ企業がTOEICを求めているのかですね。多くの人が、800点や900点を目指すのか。点数をとった先の目的をしっかりと知っておかないと、中々モチベーションにも繋がりませんね。TOEICは実践的に英語を話す力には直結しないと言われています。確かに、TOEICの点数800点、900点をもっていたといって、英語がペラペラに話せるというわけではないですね。

それでは、どうして企業がTOEICの点数を求めているのか。すごく一般的なことをいうと、現在グローバル化が進む中で英語の資格を持っているのと持っていないのとでは、仕事ができる範囲が異なりますね。そういう意味では、英語の資格を持っているだけでも会社からすると将来のために備えて活躍できる存在であると思われます。

また、どこでも使える万能なテストです。異業種に転職したい方にとっては、少しでも自分をアピールできるところを押していかなければいけません。TOEICを持っているだけでも履歴書では目がつけられますし、話を聞いてもらうことができるんですね。どんな企業にでも価値として見てもらえる大変有効な資格になっていることがわかりますね。

そして、どうして企業がTOEIC800点や900点などを評価基準にしているかというとそもそもこの点数にはかなりの努力が必要で、今後の未来の日本に向けて自分のスキルを磨いているかが一つの企業が見ている一つのポイントになります。

英語というのはこの日本人しかいない環境で、習得することは、もちろん企業側も理解しています。特に企業が見ているのは、ちゃんと高得点にむけて努力して結果をだしているかです。

世界が求めているテストに対して、日本という不利な環境の中、自分で設定した期限、目標に対して、どれだけやりきれているのか。これは、ビジネスの現場で求められるものとまったく同じです。

私は、前職で、新規事業営業の開拓を任されておりました。
そこで、会社の目標から逆算された目標の数字が一人ひとりに課されるわけですが、その数字というのが最初みたとき”こんなの絶対無理。。。”という数字がくるものです

無理と考えていても、なにもはじまりません。どうしたら実現するのか、まずは具体的に数字に落とし込み、1日1日の行動を決め、それに向かって毎日継続して行動し続ける

TOEICという世界で求められるテストに対して、どれだけ本気で向き合えるかです。単なる英語力だけでなく、Grit力をつけるためにも、あきらめず、毎日コンスタントに目標に向けて努力していきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、この”やりきる”ことを意識しています。そもそもやりきらないのであれば、点数に出ません。2ヶ月という短い期間の中で、どれだけ本気で自分の目標に対して向かうことができるのか、覚悟をもって受講してください。