【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC新形式変更点〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEICが新形式になってから、出題形式が変わったのは、みなさんもご存知のとおりだと思います。

特に、今回はReadingの変更点について書いていきたいと思います。Readingは、文章をある程度理解しないと解けなくなっています。

文章量も増え、文挿入問題や、会話問題など、文章の全体を理解していないと解けない問題ばかりです。旧形式では、キーワードを拾って解く技術が広まっていましたが、このやり方では解ける問題と解けない問題があります。新形式になってからより、文章の中にも難しいフレーズや、複雑な文法も使われてきています。この理解に特化した問題になってからTOEIC800点から点数が700点前半や後半に落ちてしまった人もたくさんみてきました。テクニックに頼っている人は中々ここから抜け出せずにいます。

だからこそ、全体的な英語力をしっかりあげていかないとスコアはあがりません。もちろんテクニックはいくつかあります。しかし、そのテクニックを使いこなす基礎体力、根本的な英語力がなければ点数にはでません。単に参考書などに書いてあるTOEICのコツやテクニックだけに頼るのではなく、根本的な英語力も同時に上げていきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。