【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】
〜TOEIC リスニングのペース配分〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点を目指すにあたって、リスニングで重要なことは2つです。

一つは、本文が流れる前にどれだけ準備できるのかということ。もう一つはペースを落とさないことです。

特に、part3,4 長文がながれるので、その長文を理解するためにしっかりと準備をしないと聞き逃してしまいます。ご存知だとは思いますが、本文は一度しか流れません。今回は、一度しか本文が読まれないpart3,4で、どのようにペースを維持しながら正答率をあげていくのかについて書いていきたいと思います。

まずは、part3,4 の長文が読まれる前に、設問をみて、キーワードのみ拾います。注意点は設問をすべてしっかりと意識しながら読むのではなく、キーワードを拾って本文の内容を連想することが重要です。例えば3つの設問に、restaurant , problem, suggest、だけ拾えばレストランの中で何か問題が起こり、何かその問題に対して提案されるということです。このフレームワークさえ揃えば、その部分を聞き取るだけですね。

設問の内容は完璧に理解する必要はございません。なぜなら設問を意識しすぎると、本文が頭に入ってこないからです。また、part3 ,4 の長文は1回しか読まれません。1回しか読まれない中で、問題に答えなければいけないのは非常に難しいです。だからこそ、本文が流れる前に、聞いたときに最大限理解できるような準備をしなくてはいけません。ぜひ、TOEIC800点に向けてリスニングでは一度このペースを守ってください。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。