【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】
〜Part5 の文法の点数が安定しない方へ〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

今回は、文法の勉強法について書いていきたいと思います。新形式になってから、文法問題は40問から、30問に減りました。苦手な人からすると、ラッキーと思うかもしれませんが、その分読解を読む量が増え、逆にこの文法をを落としてしまうと、点数が大幅におちてしまう可能性があります。

TOEICは、偏差値換算方式なので、みんなが取れる問題を落としてしまうと、点数ががぐっと下がってしまうんですね。文法問題は、勉強すればするほど結果がでます。だからこそ、文法だけでサボって、Part7の読解だけ勉強しても、あまり意味がないのです。

文法の勉強法でおすすめなのが2回解くことです。

1回目は、制限時間内に解くことです。(約5分=1問30秒ペース)
2回目は、他の選択肢がなぜ違うのかを確認しながら解く

です。

1回目は、時間意識を身につけることです。TOEICでは何か難しい問題を解いてたからと言って点数が大幅にアップするとという数学的な要素を含んだテストではありません。基礎的な問題をいかに早くとき切れるのかがTOEIC800点を獲得するための絶対条件です。一人でやってしまうとどうしても、時間を長くとって正答率に意識がいきがちですね。TOEIC800点を目指すのであれば、自己満で自分のペースで解くのではなく、TOEIC800点の求めるペースで解いていきましょう。

2回目は、文法を復習するためです。参考書の答えを見て、答えだけわかっても同じ問題では出ません。他の選択肢がなぜ違うのかを確認するだけで、同時に文法を復習することができます。このように一つ一つの目的を持って勉強していきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。