【コーチング英語UNO】〜講師としての価値〜

最近は、アプリや衛生授業、デジタル教材など、格安で勉強するツールが増えてきましたね

私も学生のときは、予備校には通わず、衛生授業で受験をくぐり抜けてきたものです

現在、私は講師をやっていますが

ネットで授業を受けることはあまりおすすめできません

①自分を律することができない

これが一番の原因ですが、勉強しようと思ってもなかなかできないから、みなさんこまっていると思います。

好きだから勉強する、のであればインターネットでも構わないと思いますが

TOEICや資格のテストは、好きだから学ぶといった方は正直少ないです

毎日しっかりと定期的に続けるには、やはりすきなものではない限り、ある種の強制感がないと続けられません。

強制感があってこそ、継続することができ、継続しているうちにできるようになったり、効率がわかってきたりして、楽しくなってくるものです

②わかりやすさ

わかりやすさというのは、人それぞれ違います。

そもそも、わかりやすい、という概念は自分のわからない問題があってこそです。

生徒と接していると、生徒の性格や考え方で、苦手分野が理解できてきます。

その一人ひとりにあった提案も、なかなかライブ授業でないとできません

③モチベーション

モチベーションというのは、目に見えないからこそ、あげることは非常に難しいです

ましてや、一人で勉強しているとき、周りには誰もいず、わからない問題に出会ったとき、気分が落ち込んだとき、など、支えてくれる人がいないととてもしんどいですね

TOEIC700点や800点の壁は、みなさんが想像している以上にはるかに高い壁です

最近はよく広告などで、800点超えました、などありますが、もちろん一部の人です

本を一冊やったからといってできるようになるわけではありません

本当に、TOEICで高得点をとりたいのであれば、覚悟が必要です。