【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜苦手な単語を覚える方法〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

Readingがそもそも読んでも意味がわからず、新形式になってから点数が落ちたという方はよくいらっしゃいます。旧形式だと、設問のキーワードを拾いに行くとなんとか解ける問題も複数ありましたが、新形式になってからは文章全体の意味を問う問題が多く、従来のやり方では解けなくなっています。

もちろん、ある程度のテクニックはありますが、根本的に語彙力がなければ、テクニックを使う土台がないと意味がありません。今回は、語彙力を鍛えるために、具体的にどのように勉強していくのかについて書いていきたいと思います。

一番大事なのことは、計画性とある程度の強制感です。毎日やり続けることでしか、単語は覚えることはできません。

最低限の単語も何百語もあります。この基礎的な単語がわかっていないとTOEIC800点どころか前に進むことはできません。

次に、苦手な単語を集中的にやることです。フラッシュカードでもなんでも構いませんが、自分が苦手な単語集をつくりましょう。

公式問題集や、参考書を解くなりして、わからなかった単語は常にそのフラッシュカードに入れるようにしてください。

そして、何度もみて、10回くらいみると、なかなか覚えられない単語がわかってきます。

それ以外は、もう捨ててください。わからないところだけやればいいのです。時間が限られています。数ヶ月間でやらないと、本当に要領よくやらないと点数にはでません。それを毎日見直して、毎日みることで覚えていきます。

また、テスト一週間前は、いつも何をしたらいいかわかりませんね。1週間前なので、短期間では変わるものと変えられないものがあります。変わるものは語彙力です。自分のわからない単語集だけでも何度も見直してください。毎日自分でテストをすることです。私の講座でも毎週単語テストを行います。そこでわからない箇所があれば、その都度調べてもらいます。なぜか、一人じゃやらないからです。間違えたところは今その場で解決しないと、結局やらずに流れてしまいます。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。