【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】
〜900点を目指すために〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

今回は900点をとるためにすべきことを書いていきたいと思います。

800点後半までいくと、英語の基礎力もありますし、TOEICのある程度のテクニックもすでにあります。

たくさん勉強しているにも関わらず、なかなか点数があがらないのは原因があるはずです。その原因として考えられることが、主に2つあります。

①時間配分

新形式になってから、文章量も増え、最後まで間に合わない人が続出しています。徹底的に時間を間に合わせるための練習を行わなければいけないのですが、この時間に間に合う練習をしてますか。どうしても慣れてくると、自分のフォームがすで確立されているので、そのペースを崩したくなく、我流でやってしまいがちです。ではなく、公式問題集や参考書で問題を解くときも必ず時間をはかって解くようにしてください。自分のペースで解いてしまっていると、もちろん時間に間に合いません。TOEICの求めるペースに合わせなければいけません。

時間が間に合わない→だから、たくさん問題を解いて慣れる

ではなく、

→時間配分の練習をすることが大事です。

②苦手な問題と向き合う

TOEIC800点くらいまでいくと、TOEICの学習が楽しくなってきて、趣味の様になりがちです。毎回、公式問題集などを使うけれども、解いて答え合わせするだけでおわっていれば、点数は伸びません。自分のよくまちがえる問題はなにか、それはどう解くべきか、わからない単語はどれか、など、まずは自分の苦手分野を明確にして、それに対してしっかりと向き合いましょう。

大事なことは、TOEIC800点も900点も、自分の現状をしり、そこからとびだして本気で向き合い続けることです。これはTOEICだけでなく、すべての資格にいえることです。
自己研鑽というのは、楽しいものではありません。自分の苦手分野に真剣に向き合って、苦手を克服するために継続し続けるモチベーションが必要です。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。