【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】
 ~英語力底上げ方法②~

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

今回もまた、英語力の底上げ方法の具体的なトレーニングについて書いていきたいと思います。今回は、TOEIC800点を獲得するにあたってどれだけ文法問題が大事なのか書いていきたいと思います。文法が苦手な人は多いですね。名詞、形容詞、副詞など、様々な種類の品詞であり、覚えるのにも非常に苦労しますし、関係代名詞、分詞、受動態、動名詞など、他にもいろいろなルールを覚えていかなければいけません。

ただでさえ、文法の数は少ないので、なぜこの数少ない問題のためにがんばらなければいけないのかと思うかもしれませんが、文法問題は、勉強すればするほど結果にでるので、TOEICを勉強している人は確実に点数をとってきます。TOEIC800点を獲得したいのであれば、文法問題は確実にとらなければいけません。だからこそ、勉強する必要はあるのですが、文法の勉強ほど複雑なものはありませんね。文法問題は独学でやってしまうと非常に時間がかかり、どこをポイントにするのかよくわかりません。大事なことは、短期間で取りたいのであれば、TOEICででてくる文法をポイントで絞って徹底的にやることです。文法のルールなど本を開けば非常にたくさんあります。一つ一つ勉強をしていたら、時間はありませんし、そもそもモチベーションが維持しづらいです。短期間で効率的に学びたいのであれば講座を受けてみましょう。これは営業でもなんでもありませんが、確実にうけたほうが数日間で文法のポイントを掴むことができます。短期間で取りたいのであれば、選択と集中を意識して、効率よくやっていきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。