【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜よく出る文法問題〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

今回は、TOEICのよく出る文法問題について話していきたいと思います。

TOEIC800点を目指す場合、文法ができないと点数に達することはできません。なぜなら、多くの方が勉強して満点レベルの点数を叩き出してくるからです。なぜ、多くの受講生がこのPART5を満点レベルにとってくるのかというと、PART6は基礎的な文法、パターン、語彙さえあれば簡単に獲得することができます。これはどういうことかというと、努力量でいくらでも点数を獲得することが出来るということです。逆に、長文読解や、リスニングに関しては、慣れの要素が大きいです、毎日どれだけ英語に触れているかで点数の伸びは変わってきます。

文法問題ではすぐに解ける問題と、解けない問題があることに気づくかと思います。

しかし、すぐにとけない問題=難しい問題だとは思わないでください。時間が多少かかってしまったとしても、確実に取れる問題もあります。簡単なところをすぐにといて、このような時間はかければ確実にとれる問題を瞬時に見極めていかなければいけません。法の中でも、みなさんがよく苦戦する分野は、接続詞or前置詞or副詞の問題です。この問題でも、見極めればすぐに解ける問題もありますが、最終的には意味でとかなければいけない問題もたくさんあります。しかし、意味を理解しなければいけないとしても、こういった問題はあえて文章が短くて簡単になっている問題も多いです。二択までしぼって、あとは意味。という問題は非常に多いですが、TOEIC800を目指すのであれば、最後に適当にならずにしっかりと意味を確認して解いていきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。