【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】~単語の覚え方 TOEIC勉強法 ~

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

本日は、TOEIC800点を目指されている方に向けて単語の勉強法について書いていきたいと思います。どのスクールでも”単語を覚えなさい”ともう耳がいたくなるほど、よく聞くと思います。

もちろん、単語を覚えることは英語力の向上に繋がります。しかし、すべての単語を短期間で覚える必要はございません。単語を覚えることは、英語力の底上げにつながります。

しかし、以前行っていたTOEICの点数をあげるための、TOEIC力、英語力、Grit力の一つ、英語力を上げるだけでは、TOEICのスコアアップにつながらないわけです。

TOEICのコツや傾向になれるための時間をとらなければいけない中で、ずっと単語をやっていると、2ヶ月なんてあっという間におわってしまいます

上級者であれば、覚えている単語がほとんどなので、あまり時間はかかりませんが、苦手意識を持っている人からすると、ものすごく時間がかかってしまいます。

それでは、普段からお仕事とTOEIC勉強で忙しい中、どのようにして単語を覚えていくのか説明していきたいと思います。

最初に結論からいうと、”わからない単語”だけに集中していきます。

わかる単語というのは、忘れるといけないから、という人間の心理が働いてしまって、そこに時間をかけがちです。これは、TOEICだけでなく、自分を安心させたいがために、自分のできることばかりに時間をつかって、満足感を得ようとします。

そうではなく、いかに早期の段階で、わからない単語を明確にするかが大事です。おすすめの単語帳をまず購入し、わからない単語だけを集めてください。

そして、まずは一周してください。そして、日本語訳がわからないところは、もうすぐにペンしておいてください。また、すべてやりきってください。この一度すべてやりきることも大事です。

基本的に、多くの人が挫折してしまう理由は、使い方がよくわからないこと、本当にこのやり方でいいのか不安になって新しい本を購入してしまう人、このどちらかです。

まずは、本を一冊やりきることでせっかく最後までやりきっているのだから使おう、一周することで次みると入ってくる情報が濃くなる。

このように一度やりきることで、持続して本を使い続けられる状態を作ってください。TOEIC800点を獲得するには、まず基礎的な英語、最低限の単語を学ぶことは最も重要です。私のマンツーマンの授業でも、最初の週に単語をすべて終わらしてもらっています。最初に、すべてやりきりましょう。

これは仕事も同じですね。一度、最低限のライン、60%を終わらせましょう。そして、数%ずつ、パーセンテージをあげていきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。