一人でできる具体的な勉強法

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回は、一人でもできる勉強法について書いていきたいと思います!

公式問題集活用術

今回は、TOEIC600点を目指されている方、TOEICテストを初めて受ける方に向けて、TOEIC公式問題集の使い方について書いていきたいと思います。TOEICを勉強していて、単に問題を解いて答え合わせをするだけでは、正直、あまりおもしろくなくて中々前に進めないときがありますね。

特にTOEICでの公式問題集を答え合わせをしているときは、単に解説を読むだけでつまらないですよね。解説を読んで理解するだけでは、あまり意味がありません。なぜなら、読解問題で同じ問題は二度と出てこないからです。

だからこそ、単にざっと解説を読んで理解したとしても、それは暗記と変わりません。大事なことは、いかにその問題の背景にある作成者の意図を掴めるかです。

TOEICには様々なテクニックがあると思いますが、すべて作成者が質問したいポイントに核となるポイントが詰まっています。もちろん、TOEIC600点を目指されている方は、このようなテクニックを覚えることはとても重要です。

それを毎回確認して問題を解いていくと、どんどん解くためのコツがわかってきます。コツがわかってくると、また、SPEEDも自然とあがっていきます。模試を単に解いて、現在放置中の場合であれば、ぜひもう一度答えを確認してTOEICの作成者のコツを掴むトレーニングをしていきましょう。

 

同じ参考書を何度も繰り返す

よく、同じ参考書を使うべきか、違う参考書を何度もやるべきか聞かれます。それはもう圧倒的に同じ参考書を何度も繰り返すべきです。

今回は、同じ教材を何度も使うことが重要である理由について書いていきたいと思います。

一回やるだけでは全部覚えられない

なんでもそうですが、一回やるだけでは重要なことをは見えてきません。ちょっと答え合わせをしてTOEIC800点を獲得するにあたって重要なポイントが理解できるかというまったくそういうわけではありません。TOEICのポイントがなんなのかを理解するまですごく時間がかかります。どのような一冊の本でも構いません。まずは一冊ざっと読んで、その参考書の全体像を掴むだけでokです。

何周もしていると、違う角度から大切なことが見えてくる

3周、4周としていると、さすがに参考書を読むこともあきてきます。それはもちろんそうですよね。特に、単語帳などはすごくめんどくさくなってきてしまいます。しかし、逆にいうと、3、4周目くらいになると、あきるからこそ細かな解説まで目が行き届くようになります。一周目や二週目では読み飛ばしていた、細かなところも目が行き届くようになり、そこにTOEICで頻出する問題のコツが隠れている可能性が高いからです。

人に説明できるようになってはじめて習得したと言える

よく言いますね。私もこれは賛成です。同じ問題を解いていると、説明できる問題と説明できない問題が明確になってきます。この明確に説明できない問題がまさに自分の弱点です。同じ参考書を何度もやることで、自分の苦手分野が理解できるようになるのですね。その苦手分野に合わせて、次に自分が何をやるべきなのかも見えてきます。

いかがでしたでしょうか。TOEIC800点を超えるには、基礎的な英語力とTOEICのポイントをしっかりと理解していなければいけません。特にTOEICのポイントは、問題集を何度もやって徐々に理解していくようなものです。様々な問題集に手をつけている方は、一度一つの参考書にしぼって勉強していき、しっかりとポイントを掴みましょう。

しかし、ポイントを掴むのには時間がかかります。もっと効率的にポイントを絞って勉強したいのであれば、ぜひ講座を受けてみてください。

リスニング勉強法

今回は、リスニングのパート2です。パート2は、応答問題です。TOEIC800点を獲得するにあたってこのパートは満点をとるいきおいで対策しなければいけません。なぜなら、このパートはポイントを押さえればとても簡単なパートで勉強していれば確実に取れるパートです。

基本的にパート2は、短文がリスニングで流れてくるので、それに対して適切な応答を聞き取り選ぶ問題です。応答問題で大事なことは、無理に全部聞き取ろうとしないことです。基本的には、最初の疑問詞を聞き取ることさえできれば解ける問題がほとんどです。

また、疑問詞に対して返答の仕方は基本的に決まっているので、問題のパターンが決まっています。

パターンが決まっているということは、問題演習を何度もやって答え合わせをしていくことで、正答率は自然とあがってきます

どうしてもリスニング苦手な方は、ディクテーションをしていきましょう。ディクテーションとは、聞こえてきた音をそのまま紙に書き込むことです。

このトレーニングを通して、自分の聞き取れない音がなんなのかということをサーチしていきます。やってみるとわかりますが、自分がなぜ英語を聞き取れないのか、原因を即座に発見できるトレーニングになるので、リスニング力を向上させるにあたって最も大事なトレーニングになります。

一度、問題集を解いてみて、まずはリスニングに関する弱みを分析しましょう!

リスニング:効率のいい勉強法

次はリスニングの効率のいい勉強法について紹介していきます。

リスニングには、大きく分けて2つのトレーニング方法があります。多聴と精聴です。

多聴というのは、できるだけたくさんの英語を聞くことですこの多聴のト。レーニングはできるだけ、毎日、どれだけしんどくても、どれだけモチベーションがなくても、継続して毎日やることが大事です。

代表的な例としては、ポッドキャストやラジオを使った勉強方法です。どんなトピックでも大丈夫ですので、毎日聞き続けましょう。英語を毎日耳に入れることで、長期間にはなりますが、徐々に英語力が伸びてきます。

リスニングは特に長い時間をかけて取り組んでいかないと中々伸びません。TOEIC800点を越えようと思うと、根本的な英語力が伸ばさないと到達することはできません。

もちろん効果的な勉強法はいくつもありますが、最終的に大事なことは、結局そのやり方をどれだ長く、根気強く継続することが出来るかです。

TOEIC800点をとることはそんなに簡単なことではありません。私の授業で多くの方々が800点を超えるというのは、なにかマジックがあるわけではないです。どれだけ根気よく毎日宿題と向き合い、自分の苦手分野に毎日向き合う事ができるかで、テストの結果が決まってきます。

映画勉強法

よく、海外の映画で英語を勉強するというのが推奨されていますね。映画って2時間あって長くて、映画で英語を勉強するって普通に言い換えれば、2時間ぶっ続けで英語を勉強し続けることになります。

そうきくとめんどくさいなーという気持ちになるかと思いますが、英語を毎日聞き続ける方法としてはとてもいいやり方なんです。なにも完璧に全ての単語やフレーズを調べたりしろというわけではありません。

大事なことは、毎日英語を浴び続けることです。どれだけ英語を浴び続けるかによって、じぶんの英語力は決まってきます。すごく単純なことだと思いますが、これがまた、ほとんどの方ができていないのですね。ちょっと疲れたなという方は、英語に触れるのをやめるのではなく娯楽として楽しめるもので英語を学んでいくと、英語に触れられる時間が増えますよ!

TOEIC600点に向けて勉強している中で、少し英語学習にあきてきたな、疲れてきたなと思うようであれば少し息抜きのためにも映画やドラマで生の英語を少し聞いてみましょう。最初は早くて中々聞こえづらく自信がなくなってしまうかもしれませんが、ネイティブレベルの英語をいきなり聞き取ることなんてできません。それは900点を越している人でも難しいです。

焦らずに、ペースを崩さずに、TOEIC600点に向けて引き続きがんばりましょう。

スキマ時間勉強法

TOEICを勉強するにあたって、最初の壁はやっぱり日々の忙しさの中でどのようにして英語を勉強するかです。
TOEIC600点や800点など、モチベーションが高いときに思い切って高い目標を掲げたものの、結局日々のスケジュールに忙殺されて、できなかったのではその目標に対して意味がありません。

だからこそ、目標を立てるときに大事にしてほしいことは、逆算して目標に近づくための行動方針を1日単位で考えてほしいのです。TOEIC600点に到達するのであれば、現在の点数からどれくらい勉強すべきなのか、ここまではTOEICのスコアシート表をみて大体予想することができます。

 

しかし、何をすべきかわかったのであれば、それを具体的にどこまで行動に落とし込んでいくのかが大事です。時間を自分自身で作らなければいけません。なぜなら、忙しいの中だと、本当に1日も勉強せずにおわってしまうなんてことはざらにあるからです。たとえ、本気で3日間取り組めたからといっても、次の日になんもできないと結局ペースがくずれ目標にしたTOEIC600点など、近づくことなく終わってしまいます。私は現在、英語の講師だけでなく、海外留学のエージェントや、広告営業など、多岐にわたる業務を一日の中で行っているのですが、一日は常に24時間です。この限られた中で、何を学べるかは常に自分しだい。家に帰るのは、大体午後10時、その中で料理や家事などをしていると本当に時間がありませんね。だからこそ、仕事中の移動時間、休憩時間、通勤時間、使える時間すべてを自分の学びたいものに時間を注ぎます。

 

例えば、TOEICのReading sectionだと、ダブルパッセージや、トリプルパッセージは一つのテストに全部で5題。1題5問ありますが、Readingテストは常に時間を意識して読まなければいけないので、1問1分ペースです。1題だと5分しかかからないので、会社に行く前に5分は読解テスト。5題だと25分、会社のランチの時間の30分は、マルチプルの読解テストはすべてやってみる。

このように、スキマ時間を活用してTOEIC600点を獲得するために、英語の勉強している時間をどんどん増やしていきましょう!!

600点向けはじめの勉強法

TOEIC600点を獲得するには、英語の基礎力が大事だということを何度も言ってきました。その基礎力をつけるためには毎日やり続けることがすごく大事なのですが、そもそも何から始めたらいいのかよくわからずに立ち止まってしまう方はたくさんいらっしゃいます。

世の中には様々なスクールの単発の講座がありますね。聞いたらもうやった気になってしまう。いざ、はじめようと思うと、何から手をつけたらいいのかわからない。

いざTOEIC600点を掲げたものの結局、何をしたらいいかわからないからこそ、不明確なままはじめてしまい挫折してしまう学生様をよくみます。今回は、TOEIC600点を目指す方に向けて、走り出しとしてまずは何をすべきかをお話していきたいと思います。

まず、大事なことは英語に触れることです。英会話をしましょう。えっ!!TOEICの勉強なのに英会話!?

そうです、まずは英語ってどんなものなのか、どんな能力が必要なのかを英会話を通して、体感してみましょう。

そもそも、実際に使う英語をよくわかっていないま、TOEICを勉強しようとする人がいますが、それはもうピアノを引く前に、なんかピアノってよくわからないけどよさそうだからまずは楽譜勉強するってくらい面白くありません。ピアノを実際に引いてみて、自分ができないことの悔しさ、何ができないのかを、しっかりと体感することで、学習へのモチベーションが高まるものですね。

TOEICのスキルは、すべて実践的な英会話力に繋がります。テクニック優先の方もいると思いますが、言ってしまえば600点を目指すにあたって英語の基礎力を学ぶことも点数を獲得するためのテクニックの一つです。

英会話でTOEIC600点を目指すって意味がわからないと思った方もいると思います。英会話は、リスニングだけでなく、スピーキングだけでなく文法や発音、英語を理解する能力すべてTOEICスコアアップにダイレクトに繋がるものにリンクしています。

そして、英会話はおしゃべりなので、楽しいものです。ずっと楽しいだけでは英語は伸びませんが、まずは楽しいという感情から入ることがすごく大事です。

TOEICと英会話をつなげた授業というのはあまり見かけませんが、本質的ではないなーーと思います。

ぜひ、まずは英会話から始めていきましょう!!

自分に会う勉強法の見つけ方

TOEIC800点を獲得しようといざ自分で覚悟を決めたとしても、何から始めたらいいかわからないという方は非常に多いです。一人ひとりスコアも違えば、苦手分野も、どれくらい英語に関する能力があるのかで、勉強法は異なってきます。ですので、まずは自分の現状を知る必要があります。

まずは、模試を受けてみましょう。公式問題集を受けてみて、点数を出し、どこが自分の苦手分野なのかを探ります。弱点を見つければ、その苦手分野に特化して勉強してみましょう。一人で勉強していては、あれこれやってもすべて中途半端になってしまいます。

次に、その自分が苦手としている原因を探ります。例えば、文法であれば品詞をわかっていないのか、分詞をわかっていないのか、文法はわかっているけれどTOEICのポイントが理解できていないのか、しっかりと細部まで分析してその部分を徹底的に鍛えていきます。

単に、資格を勉強しているだけでは伸びません。ピンポイントで、短期間絞って、集中的に勉強する必要があります。
まずは、苦手分野の原因分析のために、模試を受けてみましょう。

 

 

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

フリガナ

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

授業内容

備考