【TOEIC600対策・東京港区六本木スクール】~ダブルパッセージやトリプルパッセージはどこから読むべきか〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC600点に向けて勉強されている方を対象に、またTOEIC初心者の方に向けて、英語の勉強法を書いていきたいと思います。

今回は、TOEIC600点を目標にされている方を対象に、読解問題のコツについてかいていきたいと思います!

読解問題でよく苦労するのが、マルチプルパッセージです。マルチプルパッセージとは、ダブルパッセージやトリプルパッセージのことをいい、シングルパッセージよりも文章量が長く、問題数も多い読解問題になっています。

シングルパッセージとは違い、広範囲から答えの根拠となる文章を探し出さなければいけません。マルチプルパッセージで多くの方が苦戦する理由は、どこに何が書いているのか把握しづらいということです。このような問題を抱えていらっしゃる方には、まず”メール”から読んでいくことをおすすめします。

なぜ、メールから読み始めるのかというと、他のパッセージと違って、”目的”が明確に書いているので、文章全体のテーマがつかみやすいのです!TOEICでよくでる、広告や注文書、表など、どれが必要でないのかほんとうにわかりにくいし、そもそもどこから読むべきか謎です。。。そこで時間をかけてしまうことが非常にもったいない。なので、わかりやすいメールや手紙から読むと付随してある広告や注文書がどういう関係で今回あるのかも同時に理解できます!

読解問題のダブルパッセージやトリプルパッセージでどこから読むべきよくわからない方は、ぜひメールから読むトレーニングをしてみてください!TOEIC600点は、基礎的な英語能力で解ける問題をしっかりと解ければ難しい点数でもなんでもありません。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、TOEIC初心者の方や、TOEIC600点を目標としている方に向けて、TOEICのコツや戦略だけでなく、しっかりと英語力も同時につけていただくための授業を実施しています。

高得点を獲得するためには、まず基礎力がないと勉強を進める上でわからないことが多すぎて継続できませんね。

そんなTOEICの基礎力を短期間で集中的に取りたい方に向けてTOEIC600点基礎力養成講座を開講しております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で1ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEICという資格の点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。