【TOEIC600対策・東京港区六本木スクール】〜600点はどれくらいのレベルか〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC600点に向けて勉強されている方を対象に、またTOEIC初心者の方に向けて、英語の勉強法を書いていきたいと思います。

本日は、TOEIC600 点というのはどれくらいのレベルなのかを書いていきたいと思います。そもそも、目指すべき場所がどんな場所なのかを知っておくべきですね。そうでないと、勉強しているときのモチベーションに繋がりません。

TOEIC600点というのは、まず履歴書に書くことができるレベルになります。また、昇進や昇格などにも最低限必要なレベルでもあります。いわゆる、社会的に認められる英語力の最低限のレベルとなります。600点をもっているということだけ、面接官が知ればこの人は英語ができるんだなと認知してもらえるわけですね!

また、英検だと2級〜準1級のレベルになります。こうみると、かなりレベルの高い目標点数だということがわかりますね。

TOEIC600点もそんなに簡単ではありません。書店にいけば、700点,800点,900点をとるための参考書がたくさん売られていますが、まずは、基本的なところを固めるためにも、TOEIC600点を目標にがんばりましょう!

一度、TOEIC600点をとってしまえば、英語の基礎が固まったということです!基礎があれば、その上から点数を伸ばすことは簡単です。逆に基礎なくして、スムーズに点数を伸ばすことはすごく難しいです。基本に忠実に、基本を徹底した方のみが600点をとることができます。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、TOEIC初心者の方や、TOEIC600点を目標としている方に向けて、TOEICのコツや戦略だけでなく、しっかりと英語力も同時につけていただくための授業を実施しています。

高得点を獲得するためには、まず基礎力がないと勉強を進める上でわからないことが多すぎて継続できませんね。

そんなTOEICの基礎力を短期間で集中的に取りたい方に向けてTOEIC600点基礎力養成講座を開講しております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で1ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEICという資格の点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。