【TOEIC600対策・東京港区六本木スクール】~リスニングと発音は紙一重~

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC600点に向けて勉強されている方を対象に、またTOEIC初心者の方に向けて、英語の勉強法を書いていきたいと思います。

どれだけ練習してもリスニングが上がらない。そんな悩みを持っていらっしゃる方はたくさんいます。リスニングは、英語力の中でも中々上げづらく、TOEICだとReadingや文法のようにテクニックがあるわけではないので、非常に難しい分野でもあります。

もうかれこれ1年以上勉強しているのに、なかなか聞き取れるようにならない、TOEIC600点を目指しているがリスニングに非常に苦労されている方に向けて、今回は書いていきたいと思います。

英語を聞き取れるようになるためには、様々な要素がありますが、今回は本当に基礎のことからです。ずばりいうと”自分が発音できない単語は、聞き取ることができない”です。

なにも完璧に発音するわけではございませんが、ある程度の正しい音を知って発音できていないと、TOEIC3,4のように長い文章が流れてきたときに、処理できないからです。

ネイティブの発音している音と、自分が発音していると音は異なる場合がほとんどです。これを細かく見ていく必要があります。それでは、発音の参考書や問題集を買って練習するかというと、それはそれでめんどくさいですよね。。私は、Dictationをおすすめします。Dictationは、聞いた音を書き取る作業です。すべて紙に書き取ろうとすると、どうしても聞けない音が出てきます。それが一体どの音なのかを分析し、その音を中心に音読すると、聞こえる音が徐々に増えていき、どんどんリスニング力もアップしていきますよ!TOEIC600点を目指すにあたってリスニングで重要なことは、特にpart1, 2の簡単な問題をおとさないことです。まずは、part1, 2 の短文でdictationを習慣にしていきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、TOEIC初心者の方や、TOEIC600点を目標としている方に向けて、TOEICのコツや戦略だけでなく、しっかりと英語力も同時につけていただくための授業を実施しています。

高得点を獲得するためには、まず基礎力がないと勉強を進める上でわからないことが多すぎて継続できませんね。

そんなTOEICの基礎力を短期間で集中的に取りたい方に向けてTOEIC600点基礎力養成講座を開講しております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で1ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEICという資格の点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。