【TOEIC600対策・東京港区六本木スクール】~TOEICの絶対に覚えておきたいパターン

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC600点に向けて勉強されている方を対象に、またTOEIC初心者の方に向けて、英語の勉強法を書いていきたいと思います。

本日は、TOEICのReadingもLiteningも含めよく出るパターンをご紹介したいと思います。

TOEICはビジネスの文章なので、正直知識がないとわからないんじゃないかと考える方もいますが、TOEICに出てくる文章のパターンはほとんど毎回同じです。今回はそのパターンについていくつかご紹介していきたいと思います。最もよくでる話の流れが、”問題→解決策”です。

これはビジネスの現場でも日常茶飯事ですね。なにか問題が発生して、それに対して解決策を提示するというごくごく基本的なビジネスの要素になってきます。

なにがいいたいかということ、このフレームワークさえある程度つかんでおけば、たとえどんなに難しい問題がでてきたとしても、問題はなにか、解決策はなにかというところのみ聞き取ると、長文のテーマを掴むことができます。

また、”割引”も非常によくでてくるパターンの一つです。特に長文問題では、discount , voucher という単語がは頻出です。

このような単語を見つけた瞬間、”この割引の条件はなにか”を意識しながら、読んでいくと必ず問題で聞くので、いちいち返り読むする必要がなくなるんですね。

このようなよく出る話の流れを把握しておくと、問題を特スピードがさらに早くなりますよ!TOEIC600点を獲得するために、このようなコツやポイントをしっかりとおさえてテストに挑みましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、TOEIC初心者の方や、TOEIC600点を目標としている方に向けて、TOEICのコツや戦略だけでなく、しっかりと英語力も同時につけていただくための授業を実施しています。

高得点を獲得するためには、まず基礎力がないと勉強を進める上でわからないことが多すぎて継続できませんね。

そんなTOEICの基礎力を短期間で集中的に取りたい方に向けてTOEIC600点基礎力養成講座を開講しております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で1ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEICという資格の点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。