【TOEIC600対策・東京港区六本木スクール】~Underの意外な用法~

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC600点に向けて勉強されている方を対象に、またTOEIC初心者の方に向けて、英語の勉強法を書いていきたいと思います。

underには、(〜の最中)
という意味があります。

under (〜の下にいる状態)という意味から派生しているんですね!

under construction =工事中

under consideration=検討中

under investigation=調査中

また、under(=〜の最中)という使い方からイディオムも!

Under the gun

(”切羽詰まっている”=銃を向けられている状態)

このように、ネイティブの表現には、言葉の裏に海外の文化がつまっているので、ぜひみなさんもフレーズの背景を調べてみましょう!!TOEICも新形式になってから、様々な英会話フレーズが出題しています。TOEIC600点を目指すにあたって、このような問題も解けるようにならなければいけません。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、TOEIC初心者の方や、TOEIC600点を目標としている方に向けて、TOEICのコツや戦略だけでなく、しっかりと英語力も同時につけていただくための授業を実施しています。

高得点を獲得するためには、まず基礎力がないと勉強を進める上でわからないことが多すぎて継続できませんね。

そんなTOEICの基礎力を短期間で集中的に取りたい方に向けてTOEIC600点基礎力養成講座を開講しております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で1ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEICという資格の点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。