【TOEIC600対策・東京港区六本木スクール】~文法はまず何から始めるべきか?~

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEIC講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC600点に向けて勉強されている方を対象に、またTOEIC初心者の方に向けて、英語の勉強法を書いていきたいと思います。

TOEIC600点を超えるのに必要なのは、基礎力です。その基礎力の中に、文法が含まれます。よく文法を飛ばして、TOEICPart7の読解にだけ時間を使う方もいますが、TOEICはPart5~7全般で点数を換算するので、点数はでません。

全体的に点数をあげないと意味がありません。逆に、文法ができないと、読解で読めないところがでてきます。なんとなくでしか読めず、肝心の問題に答えられないケースは非常に多いです。

 

多くのスクールは、もうTOEICのテクニックだけにフォーカスするところが多いですが、それだと根本的な文法力や基礎力がつかず、
TOEIC600点を超えることはできません。

しかし、多くの方が文法は苦手です。 TOEICPart5 だけ勉強するために、文法講座のみ受けに来る方もいますが、おおくの人の文法の苦手な方の共通点があります。

それは、実践的にどう使うのかよくわかっておらず、TOEICの点数のみに固執してしまっている方です。TOEIC600点であれば、600点をこえるためだけの勉強をする。

それだとTOEICのテクニックだけに走ってしまい、点数も安定しません。また、TOEIC600点を目指してしまえば、本番緊張もあるので、点数を超えることは中々できません。

文法を勉強する際に、意識しないといけないのは、その文法を勉強した先にあるものですね。目的をはっきりさせていないと、中々前に進めないですよね。

だからこそ、私の授業では、最初に英会話をやってもらっています。以前、学んだ文法がどんなふうに英会話にいかされるのか自分で体感しないと中々わからないものです。また、映画や海外ドラマを通じて、実際にどんな形で文法が使われているのかも学んでいただきます。

こうすることで、どのようにして海外ドラマや、映画を英語学習で活用するのかもわかってきます。どんな方でも、自分の没頭すれば、複雑な文法でも短期間で習得することができます。

まずは、文法の分詞でも動名詞でもなんでも大丈夫です。実際に、使ってみましょう!!それからがスタートです!!