【TOEIC600対策・東京港区六本木スクール】〜英語の成長が見れない方~

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEIC講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC600点に向けて勉強されている方を対象に、またTOEIC初心者の方に向けて、英語の勉強法を書いていきたいと思います。

今回は、勉強法というよりは、ちょっと精神論的な部分を書いていきます。
なぜか。結局の所、どのような資格も、最終的にこのモチベーションや気持ちの部分が最後までやり遂げることができるかを決めるからです。

今まで、何千人とTOEICを教えてきました。点数が取れる人と、取れない人はこのモチベーションの部分で明確に別れます。今回の記事では、TOEIC600点を目指されてている途中の方、だけでなく、TOEIC800点や高得点を目指されている方に向けても、いま、本気でTOEICの点数を獲得しようとしている方に向けて、書いていきたいと思います。

英語って中々、自分で成長が見えません。どれだけ英語を勉強しても、中々成長がみれずに挫折しそうになりますよね。

また、がんばってるからこそ他の周りの人と比べてしまって、しんどいなって思うときありますよね。
例えば、自分はTOEC600を目指しているのにも関わらず、テレビのCMや、本の広告などでTOEIC800を獲得している人たちをみると、少しうんざりしちゃいますよね。

また、教材も溢れかえっているので、自分がやっている勉強法が正しいのか、成長が見えないからこそ思ってしまいます。様々な教材を買っていろんな勉強のやり方を試したこともあると思います。

今や、多くの英会話教室がありますよね。科学的なアプローチから英語を勉強するスクールや、すごくおもしろい手法で英語を勉強するスクール、何千人と教えて、多くの結果を出した人たちの講座を受け持つ中で私が思うのは実は、大事なことって勉強法というよりは、一つのやり方で、どれだけ毎日、長期間やり続けるかだと思います。

だからこそ一つの先生や、参考書を信じて、浮気せずに徹底的に一つのやり方で毎日やり続ける人が点数の結果に出ています。
TOEIC600点を達成するための講座や、参考書は世に溢れています。いろんなやり方がありますし、いろんな説があります。どれを信じて前につきすすむか毎日突き進み続けられるかがとても大事です。

常に迷いがあれば、自分のやっていることに自信がもてず、精神がもたないですよね。大事なことは、TOEIC600点でも、TOEIC800点でも、毎日一つの参考書、一つの授業をしっかりと時間を作ってやり続けることです。

もちろんTOEICの最低限のルールや、英語の勉強の仕方というのは知らないといけないと思います。
でも、それがすごく大事かというとそういうわけではないと思います。それを毎日行動にうつして、やり続けるかです。

そこで見えてくるものがあります。中々前に進まないなと思うようであれば、TOEIC600点を取ることを目標にまずは期限を決めて、それまで一つのやり方に絞ってやりきりましょう。