【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜リスニングPart3,4 でこれだけは落としてはいけない問題3題〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

リスニングではpart1~4までありますが、みなさんはどのパートが得意でしょうか。多くの方々を教えてくる中で、part3, 4を苦手としている人がほとんどです。Part3, 4は長文を聞き取った上で、3問の問題に答えなければいけない問題で、
聞き逃してしまってそこで終了です。もう一度、聞くことはできません。一題における問題数は3問と、一題聞こえないとTOEICのリスニング問題で最も問題数の多い3問を一気に落としてしまうことになります。これは非常にもったいないですね。

TOEIC800点を獲得するにあたって、何度も言いますがすべてを完璧に正解する必要はございません。中には、本文の内容がすごく難しく、答えられない問題も少なからずあります。その難しい問題に時間をかけすぎず、取れる問題を確実に取ることが最も重要になってきます。例えば、一題につき3問全部とき切ろうとせずに、
2問は絶対に合わせにいこうとする意識で問題ありません。

その中でも確実に解ける問題を今回紹介していきたいと思います。

①最後の問題

一題につき3問問題がついていますが、最後の設問は基本的に最後に読まれる可能性が非常に高いです。なので、本文の内容がよく理解できていなくても、最後さえ聞き取れれば、とれる問題担っているということですね。

②写真問題

新形式になってから、写真や図、グラフなどを読み取る問題です。
これらの問題は、基本的に写真をみるだけで、選択肢を削ることができます。
また、選択肢に単語は本文でそのまま出てくるのではなく、写真上でどう言い換えられているのかを確認するとより解きやすくなります。

③本文引用問題

こちらも、写真問題と同様、設問を読むだけで、論理的に考えて選択肢を削ることができる問題です。
一見すると、選択肢の文章も長く、時間がかかってしまいそうですが、テクニックやポイントをつかめば簡単です。まずは、選択肢と設問をみて、論理的に異なるものを削り、正答率を高めていきましょう。

いかがでしたでしょうか。

このようにTOEIC800点を獲得するには、単に英語をある程度聞き取りさえすればいいというものではありません。ある程度の基礎力がついてくれば、こういったテクニックや戦法を学ぶことが大事です。700点から中々800点に到達しないなと思う方は、ぜひテクニックを学んでさらに効率化していきましょう。

さらに、戦法やテクニックを学んだ上で、短期間でTOEICスコアを伸ばしたい方は、
ぜひ六本木まで受けに来てください!