【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜Part6で高得点を獲得するテクニック〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

今回は、Part6に関して書いていきたいと思います。私自身、TOEICの講師として様々な教材や、ブログ等を拝見しておりますが、Part7や勉強法等に関しての記事はたくさんありますが、Part6 の記事があまり見当たらないんですね。

今回は、TOEIC800点を達成するにあたって、Part6をどのようにして攻略していくのかについて書いていきたいと思います。Part6は、長文の中に空欄があり、その中に適切な単語をいれる問題です。

基本的には、3つの種類の問題に分かれます。

①文法問題

②単語問題

③本文挿入問題

まずは、①の文法問題を前後の文構造だけで終わらせておきましょう。Part5の問題も同じですが、基本的に文法問題は前後の文構造で解くことが可能です。この前後の文構造で解く方法を知っているか知らないかで、時間配分が大きく変わり、本番の試験で間に合うか間に合わないかが決まります。まずは、確実に解けるこの文法問題は、先に終わらせていきましょう。

②単語の問題は、基本的に”文章のテーマ”を掴んでおかなければなりません。
TOEIC800点獲得するにあたって、読解問題で最も大事なことは、文章のテーマを掴むことです。Part6を獲得するにあたって、この文章のテーマをしっかりと掴んでおくと、単語の意味の問題が解きやすくなります。すべて文章を読む必要はありませんが、テーマだけは掴んでおきましょう。

③本文挿入問題は他の問題と比べて、非常に難しいです。
ときには、文章をほとんど理解していなければ解けない問題もあり、時間がかかってしまいます。なので、こちらの問題は思い切って飛ばしてしまうのも一つの戦法です。時間が余った場合にこの問題に取り組みましょう。

いかがでしたでしょうか。

実際に、TOEIC800点を獲得するにあたって、さらなるテクニックを学びたい場合は、ぜひ六本木までお越しください!