【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜単語帳はどうやって勉強すべきか〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

単語帳を購入したものの、どこから始めればいいかわからないという方はたくさんいらっしゃいます。TOEIC800点を獲得するのにあたって、難しい単語をたくさん覚える必要はありませんが、最低限の単語はやはり正確に覚える必要はあります。TOEIC業界で人気のある単語帳は、金のフレーズですね。私自身もTOEICを勉強しているとき金のフレーズを何度も読み返していました。今回は多くの結果を出す受講生を見てくる中で、共通して単語を覚えている方がTOEIC800点をだすにあったて、私を含め、どのような勉強をしてきたのかを書いていきたいと思います。

 

単語帳を勉強するにあたって最も重要なことは、その単語帳を何周もすることです。たった一回だけではもちろん身につきません。一回みてなんとなく覚えたという気がすることもありますが、基本的に長文上で訳すことができないのであれば、それは覚えてないのと同じです。しかし、何周も同じ単語を復習するのはかなりつまらないので、続けるためにも工夫が必要です。金のフレーズは継続するための工夫ができるように作られているからこそ、とても使いやすく定評なんですね。では、具体的にどのように使っていくのか書いていきたいと思います。まず、1回目は自分が知らない単語だけをピックアップするために、すべての単語に目を通します。1回みて覚えようとしなくても大丈夫です。なぜなら、どれだけ真剣に覚えようとしても結局は忘れてしまうからです。2回目もまた同じ要領で、できるだけ自分のわからなかった単語を意識しながらすべてに目を通します。3回目あたりから、単に目を通すのではなく、次は日本語→英語で単語帳を見ていきます。4回目は、その類義語を意識します。5回目は、各単語の語法に意識を向けます。

このように、常に目的を変えて単語帳を読むことで、常に新鮮味を感じることができて、何周もできるのですね。ワーストなケースは1周目、2周目から完璧に覚えようと、1ページ、2ページ目で何時間もかけることです大事なことは、一つの単語帳を何周もして暗記することが最も大事です。

TOEIC800点を取るにあたって、何周も単語帳を繰り返し使っていきましょう!

私のTOEICスクールでは、毎週単語テストをしています!
テストを合格しないと帰れませんが、
それくらいのいきおいでやらないと覚えることはできません。

ぜひ、覚悟のある方は受けにきてください!