【IELTS対策・東京港区六本木スクール】スピーキングで高得点を獲得するために知っておかなければいけないこと

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICIELTSスクールにて講師をやっている、英語コーチングのUNOです。

今回もIELTS6.5に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

IELTSでは、四技能すべてにおいてテストがあるので、SPEAKING を避けることができません。留学に行ったことがない方からすると、SPEAKINGのテストは中々難しいと思うかといらしゃいますが、ある程度の基礎力とコツさえわかれば、そんなに難しいわけではありません。

本日は、IELTSのスピーキングで高得点を獲得するために必ず知って置かなければいけないコツについて書いていきたいと思います。

IELTSのスピーキングで最も大事なことは、自分の得意なトピックに持っていくことです。

IELTSでは様々なトピックが用意されています。多くの学校では、このトピックに慣れるために様々なトピックを理解して授業を実施されていますが、それではあまりにも時間がかかってしまいます。もちろん、こちらのほうが教養もつきますが、大事なことは点数をとることです。教養は点数をとってから本を読めばいくらでも得ることはできます。短期間でIELTSで結果を出したいのであれば、より戦略的に勉強をしていかなくてはいけません。SPEAKINGで大事なことは、どのようなトピックも自分の土俵にもっていくことです。私は、旅行や日本のことが好きなので、どんなトピックもこの2つのトピックにしてしまいます。そうすると、もうすでに言うことがある程度用意されているので、あとはそれを生きるだけです。無駄に考えている時間もなくなるので、点数としても非常に結果がでやすいです。

日本人は、SPEAKINGが他の国と比べてもあまり得意な方ではありません。日本語と英語の構造のギャップ、完璧主義、コミュニケーションスタイルの違い、多くの要素から英語が苦手日本人とも海外ではレッテルをはられていますが、IELTSでSPEAKINGを克服していきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEIC, IELTSスクールでは、本気で自分の目標に向けて点数を獲得したい方に向けて、目標達成プログラムとなっています。単に、英語を解説するだけではなく、どうしたら忙しいスケジュールの中で英語を勉強するのか、またモチベーション維持しながら勉強を進めやりきることに集力しています。

単に、点数をとるという目的ではなく、その先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。