【IELTS対策・東京港区六本木スクール】〜Reading力を上げるために毎日できること〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICIELTSスクールにて講師をやっている、英語コーチングのUNOです。

今回もIELTS6.5に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

今回は、IELTSで最も難しいとされているReadingセクションの勉強方法について書いていきたいと思います。IELTSのリーディングは、非常に長くすべて読んでいる時間はありません。全部で3題ありますが、一題約20分制限時間はとても短いです。

それでは、内容は簡単なのかというと、まったくそんなことはありません。内容はアカデミックな内容のものが多く非常に難しいです。日頃から英語を読み慣れていないと中々点数にも結びつきません。ですので、根本的な英語読解力がないと非常に難しいですね。

本日は、IELTSのバンドスコアを短期間であげるために、日頃どのような勉強をするべきかについて書いていきたいと思います。

私がおすすめするのは、JAPAN TIMESです。IELTSには、新聞記事や経済的な内容などが頻出なのと、JAPAN TIMES英語の読解力だけでなく、教養にも繋がり、モチベーションを持続しやすいです。

読んでいてわからない単語をとばしてしまってもOKです。同時にIELTSの単語帳を勉強し、語彙を補強します。また、新聞を読むときに最低限理解していただきたいのは、主語と動詞の単語だけは理解することです。文章の軸となっているのは、基本的に主語と動詞です。この2つがわからない場合は、正直いくら読んでも中々理解ができません。

この練習方法で気をつけていただきたいのは以下の3つです。

①テーマを掴むこと

②主語と動詞だけは理解すること

③すべての単語を調べる必要はない(完璧主義にならないこと)

もし、みなさんがいま日本語で新聞を読んでいるのであれば、IELTSのバンドスコアをあげるため短期間のみJAPAN TIMESに切り替えて英語に読む習慣をつけてみてはどうでしょうか?

 

東京港区六本木で運営している私のTOEIC, IELTSスクールでは、本気で自分の目標に向けて点数を獲得したい方に向けて、目標達成プログラムとなっています。単に、英語を解説するだけではなく、どうしたら忙しいスケジュールの中で英語を勉強するのか、またモチベーション維持しながら勉強を進めやりきることに集力しています。

単に、点数をとるという目的ではなく、その先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。