TOEIC高得点が日本で役に立つ理由3選

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、オンラインで受講するにあたってのモチベーションについて書いていきたいと思います。

いぜTOEIC800点を獲得するためにがんばろうと思っても、撮った先に何があるのかよくわからないとモチベーションも長くは持ちません。

私は、以前の会社で組織開発、人材開発のグローバル部門で働いており、モチベーションがどれだけ人の成長や生活の幸福度に関わるのか痛感しております。

モチベーションというのは、様々な要因で構成されてますが、まず大事なことは、TOEICという点数をとった先に何があるのか具体的に描けているのかが非常に大事です。

今回の記事を通して、TOEIC800点をとった先に何が待っているのか一人ひとりがその先を描きやすいように、TOEIC高得点を取った後のメリットについて書いていきたいと思います。

転職に有利

まず、転職に有利です。特に、TOEIC800点や900点という点数は、スコアを持っている方が少ない分、希少性が高く、履歴書にあまり書くことがなかったしても点数を持っていれば、英語ができるという印象を持ってもらえます。例えば、異業種に転職したい方でも、その経験はなくてもまずはTOEICがあるからといって書類面接をパスできるケースが非常に多いです。日本では、TOEICで高得点をもっているだけで、英語が使えるという認識になっている状態だからこそ、TOEIC800点や900点は持っているだけで自分の可能性を広げることができます。

基礎的な英語力が手に入り、英会話の向上スピードが早くなる

TOEICでてくるフレーズは日常会話やビジネス英会話など、実践的に使えるようなフレーズや単語で構成されています。なので、TOEIC800点までいけば、基礎的な単語をすでに知っている状態になるので、次のステップに英会話をはじめやすいです。実際に、私の多くの受講生がTOEICクラスを受講した後、英会話を始めていますが、最初は中々会話できなかったらけれども、慣れてくるとどんどんTOEICで覚えた単語が出てきて、細かいことや具体的なことを説明するのにもあまり困らないという方は非常に多いです。もし、このブログを読んでいる方で、中々英会話が上達しないのであれば、TOEICで出てくような本当に英会話で使える単語やフレーズが不足している可能性も考えられるので、まずはTOEICの勉強をしてみるのもおすすめです。

海外案件を任せてもらえるようになり、英語を使う環境を手に入れることができる

TOEICの点数をもっていると、やはり日本では英語ができる人と認識していただけます。実際に、最近ではTOEIC700,80点をとらないと昇進できない、給料が上がるいった人事システムをとっている会社は少なくありません。今後のグローバル化に向けて、海外でも活躍してくれる最低限のレベルを企業は求めているということです。言い換えれば、点数を持っていれば海外案件をふってもらえる可能性があり、そこで英語を使う機会ができ、自分の成長へとつながるということです。皮肉なことに、TOEICの点数が最低限ないと、英語を使わなければいけない仕事というのは逆に振ってもらえる可能性は低いです。ずっと国内だけの仕事にとどまってしまうということですね。給料も上がるし、海外の案件も回してもらえるのであれば、私はもう短期間ですぐにとってしまったらいいのではないかと思います。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。他県から通ってくださる方が増えてきたため、オンラインマンツーマンで全国の方に受けていただけるようにしております。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。

講座お申し込み

英会話、TOEIC TOEFL, IELTSなど、ご希望の内容、目標、ご予算などご相談ください。
ご要望に応じてスケジュールや内容など個別にご調整させていただきます。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

希望授業内容