【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜集団クラスのメリット、デメリット〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

土日は集団クラス、平日の夜や日中はマンツーマンでのご依頼を承っておりますが、合う合わないがあるなーといつも実感しております。

最近は、英語コーチングスクールが増え、多くの学校がマンツーマン授業を提供していますが、マンツーマンだったら頑張れる、マンツーマンだったらたくさん勉強できる!と安易に選ばずに、しっかりと見極めることがすごく重要です。

今回は、これから授業を受けるにあたって

①臨場感がある

いい意味で緊張感と強制力が働きます。カリキュラムがあって全員で進めていくので、毎回宿題にも期限があり、自分の努力量を超えていくことができます。一人で勉強するのにありがちなのが、ちょっと疲れて今日はできない、モチベーションがないから今日はやめとこうなど、よくあって結局自分のペースになってしまう人は多いです。通勤型ですと、スケジュールもそもそも決まっているので、まずはそのペースについていくことから始まります。

②競争意識

集団クラスでは、ラインなどを通して毎回学習報告を提出してもらいます。毎日だすので、だれがどこまで進んでいるのかも確認でき、早いペースに合わせることができ自分の勉強量の基準を超えていくことが出来ることは自分にとって最も成長につながるでしょう。英会話学校では、よくクラス分けがされていますが、800点や900点など高得点を目指すのであれば、そのレベルやペースについていかないといつまで立っても点数獲得にはたどり着きません。自分の快適なペースに合わせるということは、それは自分の努力量に合わせてしまい、それだと点数はいつまでっても変わらないし、変わっても長期間だらだらやるだけです。

③通勤することで普段とは違う環境で勉強できる

通勤型スクールでは、もちろんのこと自分の馴染みのある環境で勉強するわけではございません。普段とは違う環境だからこそ、気持ちを切り替えて勉強することができるという人も多くいます。

④仲間とともに勉強できる

集団クラスでは、業界も異なり、目指す先も異なる人達と一緒に勉強します。全員で一緒に勉強するからこそ、どれだけモチベーションが下がったとしても、同じクラスの人たちが頑張っているからこそやってやろうと思えるものです。一人ひとりの本気がクラス全体を本気にさせます。

逆にデメリットはというと、他の人とあまりに比較してしまって逆にモチベーションが上がらないという人もいます。学生の頃、私はそのようなタイプの子供だったので、気持ちはすごくわかります。そういう方はマンツーマンでもいいですが、これをきっかけに一度挑戦してみるのいいですね。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。