【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC800点獲得するためにやってはいけないこと〜

  • by

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

私自身、講師として様々な参考書や問題集、TOEIC関連の記事に触れる機会が多いのですが、どれもこれも勉強法やり方に注目されていますね。やり方一つで講師の個性が出るので、学ぶ講師を選択するのにいい基準としてもみれますし、単に解き方知るのにも非常に便利ですね。

しかし、逆にやってはいけないことがどこにも書いてありません。今まで私は、1000人以上の方たちに英語を教えてきましたが、どのような勉強法にも合う合わないがあるし、自分に合わない勉強法などを続けるとそらどれだけたくさん勉強しても結果にコミットしません。

今回は、TOEIC800点や900点を目指すにあたって、逆にやってはいけないことはなんなのかを記事にしていきたいと思います。

①いろんなスクールや参考書に手を出しすぎること

多くの受講生を見ていると、頑張っているのに点数が取れない人の共通点が見えてきます。最も多いのが今やっているやり方を信じきれず浮ついてしまい、様々な方法を実験のように試し続けることです。問題集も学校も、それぞれ色があります。しかし、どれか一つを信じて本気でやり続けることがすごく重要です。どのやり方も根底は、点数を取るための工夫です。結局はどれもしっかりと極めれば結果はでます。今から登る山を決めて、どの山も魅力的だなとおもって、登ってはやめて違う山を登っていると、いつまでたっても山の頂上には登れませんし、山を登るまでのつらさ、自分と向き合う瞬間、もちろん山を登りきった達成感など、永遠と手に入れることはできません。

②完璧主義になりすぎること

TOEICというのは、英語の細かなニュアンスを答える英文学のようなテストではありません。第二言語学習者が英語力を測るためのテストです。そんなに難しい問題を一問時間かけて解けたからといって、時間が間に合わないのであればTOEIC800点や900点を超えることはできません。英語の単語や文法は、もう本当に例外だらけです。そんな例外まで覚えようとしているのであれば、それはもうTOEICの勉強ではありません。英語の本質的な勉強になってしまいます。期限が決められていないのであれば、そのような勉強のやり方もいいでしょう。しかし、本気で点数を短期間で獲得したいのであれば。完璧主義な自分は捨てましょう。必要なことだけ、最低限のことを本気で取り組みましょう。必ずその最低限のことは今後の英語学習でも生かされます。

③ネット情報に左右されすぎないこと

ネットにいろんな記事があります。私もこのようにブログを書いています。上記でも書いたとおり、現在自分のやっているやり方を信じて前に進み続けましょう。浮ついている時間が本当にもったいないです。特に、数ヶ月間であれば悩んでいる暇はありません。インターネットは閉じて、いまのやり方に従って、それを本気で最後までやりきりましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。