【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC800点獲得するためにやってはいけないこと2〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

以前に引き続き、今回もTOEIC800点や900点の獲得を狙うにあたって、こうやるべき、こうしたほうがいいというアドバイスベースの記事ではなく、”やってはいけないこと”を書いていきたいと思います。

①我流でやりすぎないこと

自分のことは自分がよくわかっていますね。でも、自分のことをよく理解するのは、ある程度の経験をつんでないとよくわからないものです。英語の勉強も同じで、自分に合う勉強法があります。自分に合う方法というのは、たくさん量をこなして勉強してから出ないと中々わからないものです。最初から我流でやっていては、遠回りになってしまう。最低限のルールや文法、単語を覚えて、そしてある程度の勉強の習慣をつけてから、一人で走り出すべきだと思います。

②テクニックに依存しすぎない

今や書店にいくとTOEICや英会話に関する本は山程あります。私も講師として多くの教材や雑誌を毎回読みますが、根底のところはほとんど内容は同じです。どれもこれも、しっかりと英語の根本的な基礎力をつけないと、勉強をしていてそもそも楽しくないし、もちろん使いこなせないので結果は中々でません。まるで、宮本武蔵から剣はもらって、それを使いこなせる筋肉や戦い方の基礎を知らなければ戦で勝てるはずがありません。

③時間配分を常に気をつける

これはREADINGに限ったことですが、練習の段階でそもそも時間を測らずにTOEICを勉強している人も多くいらっしゃいます。TOEICで800点や900点を目指したいようであれば、制限時間内に終わらせることは非常に重要です。とりあえず本番でなんとかなればいいやと思って勉強するくらいでは、到底たどり着きません。本番はやはり緊張します。いつもどおりの力を発揮できるわけがありません。だからこそ、日頃から早く解く練習をしないといけません。

いかがでしたでしょうか?やり方に惑わされずに、毎日覚悟を決めて自分の目標に取り組んでいきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。