【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜PART6問題別対策〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

本日は、TOEICのPART6に関する攻略法について書いていきたいと思います。

PART6を苦手とする人は非常に多いです。単なる文法の知識だけでなく、文章の流れを理解しながら出ないと解けない問題も多く、そのような問題をすばやく解いていかなくてはいけません。PART7でしっかりと時間を使って正答率を上げるためにも、PART5,6はとにかくスピードを意識して解いていかなければいけません。

TOEIC800点を超えるにあたって、最後まで解ける問題を解ききることが大事です。そのためには、いかに知識で解けるPART5,6を早く終わらせるかがTOEIC800点を超えるためのキーとなっています。

まず、PART6は三種類の問題に別れます。

①文法問題

こちらはPART5と同様、文法の知識問題です。知っているか知らないかで決まりますが、ほとんどの場合、文章の意味を理解しなくても前後の分構造、文章の周辺を見て解ける問題が多いです。
*まずは、この前後で解ける問題を先に解いておき、タイムアップしたとしても解ける問題は解けている状態にしておきましょう。

②単語問題

PART5と同様、周辺をみて文脈に合う単語を入れる問題です。前提、4つの選択肢の中に一つでもわからない単語があると正答率がガクンと落ちてしまうので、毎日の単語学習が非常に大事です。PART5 と異なる点は、全体の文章の流れをある程度把握していなければいけないところです。攻略法としては、まずはテーマを掴むことです。なぜなら、単語の穴埋め問題ではテーマをつかめていれば解ける問題が非常に多いです。これは、PART6だけでなく、PART7 でも同じことが言えます。すべてを解こうとするのではなく、まずはテーマを掴み、それに関する問題は確実とりましょう。

③文挿入問題

PART6の問題で最も難しいとされる問題になります。基本的にこの問題は時間もかかり、文章全体を理解していないと解けないことから、正答率も低い傾向にあります。難しい問題はわざわざ時間をかけて取る必要はないので、この問題に時間をかけるよりは、確実にとれる文法問題をとりにいきましょう。しかし、この問題もかなり難しいというわけではなく、ある程度のテーマをしっかりとつかめていれば、二択まで絞ることができればそんなに難しくはありません。

いかがでしょうか。PART6では、解くべき問題と、時間をかけるべきでない問題をしっかりと見極めていきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。