【TOEIC800対策・東京港区六本木スクール】〜TOEIC800点をとった後の勉強法:900点獲得〜

Hi, 東京港区六本木を拠点にTOEICスクールにて講師をやっている、TOEICコーチングのUNOです。

今回もTOEIC800点に向けて勉強されている方を対象に、攻略法や、テクニック、資格に対するモチベーションについて書いていきたいと思います。

TOEIC800点を獲得してからも英語は勉強し続けなければいけません。単に点数だけで満足するのではなく、次のステージに進んでいかなければ、800点を獲得してから英語の勉強をやめてしまえば、学んできたものはすぐに忘れてしまいます。

最近では、テンプル大学やグローバル企業など、TOEIC900点を基準に採用、昇進、入学するところも増えてきました。TOEIC900点を獲得するだけで、さらに道は広がります。また、TOEIC900点というのは難関な壁になります。なぜなら、根本的な英語力を底上げしていかなくてはいけないからです。

それではどんな勉強をしていけばいいのか一つずつ答えていきます。

①Listening
こちらは多聴と精聴のトレーニングを同時に行っていただく必要があります。TOEIC900点までいくと、part3, 4のような文章の長さはほとんど聞き取らなければいけません。TOEICの教材を使うのであれば、1.5倍速〜2倍速の速さでシャドーウィングのトレーニングを行っていきます。本番以外は常にこの速度で練習していくことです。

②Reading part5, 6

文法と語彙の勉強です。文法に関しては満点をとりにいくようにひたすら時間をはかって練習していきます。本屋にいけば様々な問題集があるので、その問題集をたくさん演習し、必ず時間をはかって取り組んでいきます。わからない文法や単語があれば、自分にとってのわからない単語集や文法をつくっていく必要があります。

③part7 長文読解

長文読解に関しては、TOEICに限らず、様々な文章に触れる必要があります。TOEICの文章だけだとどうしてもコツに頼ってしまい、根本的な英語の読解力が上がりにくいからです。できるだけ自分の興味のあるような文章を選び、毎日続けられるものをおすすめします。新聞や、雑誌など、取り組みやすいものから入りましょう。また、単にざっと上から下まで読むのではなく、しっかりと構造を分析して、精読も同時に行っていきましょう。

東京港区六本木で運営している私のTOEICスクールでは、本気でTOEIC800点や900点を獲得したい方に向けて講座を行っております。
単に、授業で問題を解説するというわけではなく、忙しいスケジュールの中で2ヶ月間どのように自分の目標を達成していくのか、目標達成型のTOEICプログラムとなっています。

目指しているのは、TOEIC800点という点数ではないと思います。その点数の先に何を目標としているのか、それを明確にしている人たちが集まります。資格は一瞬、やりたいことは一生やる。

本気で人生に挑む人たちともに、一緒に目標を達成しましょう。